最近気になる事などなど・・・・・・
  • 09«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »11
--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013年07月12日 (金) | Edit |
           14715、
“とんちゃん(鍋)”用の、生ホルモンを求めて 『肉の玉田』に伺いました♪ (=⌒ー⌒=)b
グリーンモールには、こういったお店が結構有るんですが、ネコばく的にはコチラが好み
別のお店のホルモンも数店 食べたんですが、結果・・・コチラに軍配が上がりました(笑)

    14716  14717
特上ホルモン 370円/100g、ナンたって基は “内臓”なので、一種グロ系ですね (^^;)
チョット 引かれたかたも居られると思いますが、惹かれたかたも居られると思います(笑)

ザク切りにしたキャベツをタップリ敷いて、ソノ上にホルモンをドバッと投入します (^^)
更にソノ上にキャベツを乗っけたら、ネコばくが好きな 「あおき」のもやし(ブラックマッペ)
を、1.5~2袋分、ドワァ~っと盛って 山にしたら、9割がた準備は完了です d(*⌒ー⌒*)

    14718  14719
後はネギやニラといった香味野菜に、ネコの必需品 ちくわ(笑)、キノコ類も良いですね♪
ネコばく(特に ばく)は、辛いのが大好きなので、鷹の爪を2~3本加えるのが常です (^^)

上から お好みの量の タレ(400円) (お好みによっては調味料も)を まわし掛けたら
結構な強火で 煎り焼きにして行けばOKという、実に単純明快なプロセスで作れます (^^)

ネコばくの場合は、シバラクして野菜がシナッとなったら、グイッと押してスペースを作り
早々にチャンポン麺(タマ~にうどんの時もあり)を入れるので、〆の麺がありません(笑)
次の日の朝、残ったスープを利用して、雑炊を作るのも、コノ料理の楽しみの一つです♪


肉の 『玉田』・サイト


                              ばく土偶浮き
2013年05月28日 (火) | Edit |
           14477、
最近、炊飯器を買い換えたので、色んなご飯を炊いて 性能をチェック(笑)しています♪
水の分量と、コースを指定するだけですが、驚くほど細分化されていてオモシロイ(^┰^)

中でも、寿司飯コースで炊いた ご飯は、酢飯好きのネコをメッチャ喜ばせる炊き上がりで
自分チで作ると、当然!好みの味付けで作れるので、お店より美味しく感じます♪ (^┰^)
なので・・・ココのトコロ、外食がメッキリ減ってきているという、嬉し・困った状況です(笑)

    14478  14479
マズは お寿司の基本形とでも言うべき、ちらし寿司を作ることに決定♪ (=⌒ー⌒=)b

マグロは中トロを生(ネギ乗せ)と、炙り(大葉乗せ)で配置してみました d(*⌒ー⌒*)
真ん中にはカニ(カニ缶)を置いて、オープンスペース(笑)には 錦糸玉子です (^^)

    14480  14481
押し寿司、カニカマをメインに、大葉と、玉子を挟み込んだ 押し寿司です (=⌒ー⌒=)b

カニはカニ缶を使おうとしたんですが、量が足り臭い(笑)のと、水分が多すぎると判断
水分を切ると旨みがなくなりそうなので、ソノ分カニカマをタップリつかってみました(笑)

    14309、  14310、
巻き寿司、具材はホウレン草・カニカマ(カニ棒)・玉子焼きと実にシンプル d(*⌒ー⌒*)

ばくが巻くと、海苔が「“の”の字」になるんですが、ネコが巻くと巻きが薄く綺麗です♪
ソノ分、巻きがユルク感じるんですが、見栄えの良さは断然コッチが上です (=⌒ー⌒=)b

    14488  14489
いなり寿司、ご飯は ニンジンを細かく刻んだ物を 混ぜ込んであります♪ d(*⌒ー⌒*)

形は“俵”で、アゲは 薄口醤油を使って甘辛く煮た、関西風(?)の いなり寿司です
アゲをひっくり返してご飯を詰めると、食感はモチロン 味も変わるのが不思議です (^^)


後は、“にぎり寿司”なワケですが・・・ネタ(タネ)を色々揃えるのが難しいのはモチロン
握り加減がメッチャ難しいので、登場するのは ナカナカ難しそうですね (⌒◇⌒;) アハハッ



                             ネコ・ばく黒猫 土偶浮き

                           
2013年01月26日 (土) | Edit |
           13660、
『肉の玉田』、駐車場が無いため 店舗写真が撮れなかったり、撮り忘れてたり(笑)で
数回アップしてませんでしたが、今回は近場の駐車場に車を止めて忘れずにパシャリ♪
最近 我が家で「鍋と言ったらコレ!」な、“とんちゃん鍋”の主役を買いに行きました♪

    13661  13662
コノ “とんちゃん鍋”、下関以外の人に説明するのに チョット骨が折れるシロモノです(笑)
友人「モツ鍋の事じゃろ?」 ばく「うんにゃ」 友人「じゃあホルモン鍋?」 ばく「うんにゃ」
友人「じゃったらナンなん?」 ばく「焼肉と鍋の合いの子っぽい感じってゆ~のかな~?」

こ~ゆ~会話が長々と続き、結局ソイツには食べさせるまで イメージが湧かないままで
食べてみて初めて、「お前の言うちょる事がナントナク分かった」と、なる食べ物です (笑)

    13663  13664
特上ホルモン 370円/100g、ネコばくがイツモ買っているのがコレです (=⌒ー⌒=)b
コレを300g買って、チョット贅沢な “とんちゃん”(とんちゃん鍋の事)を楽しみます♪

松阪牛のホルモンが390円であったのですが、最近 スッカリ仲良くなった女将さんに
ネコが違いを聞いたところ・・・「イツも特上だから、違いは分からないと思うよ~♪」
と、いう返事だったので、ココは素直に 女将さんの言葉に従う ネコばくでした (^┰^)

    13716  13717
特選牛カルビ 600円/100g、コノ日のサイズは5~6枚で100g と いう事だったので・・・
“清水の舞台”の覚悟で、チョット贅沢をして 100g分頂いて帰りました♪ (=⌒ー⌒=)b

サッと火を通して塩コショウで、片面だけ焦げ目をつけて 焼肉のタレで 食べたんですが
もぉトロけるような食感と、ジュワッとしたたる脂の美味さは 絶品でした ( ̄¬ ̄=)ジュルッ

コノ日は 冷蔵庫のタレ(400円)が少量だったので、追加購入して次回に備えます(笑)
とんちゃんをユックリ楽しんだ後は、シッカリ 雑炊まで楽しみました♪ ( ̄¬ ̄=)ジュルッ


肉の 『玉田』・サイト

                              ばく土偶浮き


2011年12月05日 (月) | Edit |
           10869、
「とんちゃん鍋」という料理を御存知でしょうか?「モツ鍋じゃん?」と、言われる方も多いかも?
ですが・・・博多のモツ鍋とはマッタク異なる、焼肉の変形のような、下関の郷土料理(?)です♪

下関駅周辺の焼肉系食材店は結構ありますが、場所的には「グリーンモール」に集中している
と、言っても過言ではないと思います♪ ココ!肉の『玉田』もソノ中の一軒です♪ (=⌒ー⌒=)b

他店でもホルモン系のお肉を購入した事があるのですが、全体的に見てコチラが一番好み♪
特に購入時に入れて頂ける味付け用のタレが、ネコばく的に一番合ってるんだと思います (^^)

    10870  10871
特上ホルモン 370円/100g、ネコばく家では いつも300g購入します♪ o( ̄▽ ̄o)(o ̄▽ ̄)o
普通のホルモンは 320円/100gですが、ココで50円/100gを節約しては いけません(笑)

好みにもよりますが、レバーなど 他の部位の混合率を多く感じるため、50円/100g以上の
ソンをした気分になるので、特にホルモン(小腸部)が好みのかたは、コレをオススメします♪

好みの部位と量を購入すると、ビニール袋に入れて下さった後「味付けはどうします? (^^)」
と、いった旨を聞かれるので、迷わず「付けて下さい」と、下味用のタレを入れて頂きます♪

    10872  10873
タップリのモヤシ(ブラックマッペが好みです♪)を敷き詰めたら、ホルモンを乗せます (^^)
 ※ちなみにですが、『紅蘭』などで使用されている、「あおき」のモヤシが一番好きです♪

ソノ上にキャベツをタップリ乗せて、ネコの好きなチクワ(笑)と、鷹の爪(4~5本)をトッピング
キャベツはシンナリするので、結構大きめに切ったほうが良いと思われます (=⌒ー⌒=)b

ネコばく家では、鍋はフライパンを流用しますが、出来るだけ薄い鍋が好ましいです (^^)
鍋が厚いと 水分を炒るように飛ばしてくれないので、水っぽい仕上がりになるからです♪

    10874  10875
大きめ(長めが正解?w)に切ったニラや、斜めに削いだ長ネギを、コレまた タップリ乗せたら
更にキャベツを上からドサァ~~っと乗っけて、フタをするように具材を覆ってしまいます (^^)

タレと好みの麺類の投入時期は、味の濃さの好みがあるので、テキトーでOKです♪(^m^) 
タレは焼肉のタレでも良い♪ 麺類は うどんやチャンポンなど3袋100円くらいの袋麺で可♪

コノ日のチャンポン麺は、長い時間煮ていてもドロドロにならず、良い麺ディション(笑)でした
ので、コレから先・・・チョクチョク登場してもらう事になりそうです♪ ウマイo(^^o)(o^^)oンマイ

    10883  10884
途中で何度かザックリ混ぜながら、野菜から出てきた水分を回しながら飛ばしていきます♪
このフライパン・・・安かったので買ったら、薄過ぎて ナカナカ使う機会が無かったのですが
とんちゃん鍋にはモッテコイのフライパンで、今では専用の鍋になっています (=⌒ー⌒=)b

普通はコレで ご飯を食べて、〆に麺を投入するのですが、ソレでは食べ過ぎになるため
ネコばく家では、食べ始めた時点で 麺(コノ日はチャンポン)を投入してしまいます(笑)
で・・・翌日の 朝~昼ご飯あたりに、とんちゃん雑炊を登場させて、最後まで味わいます♪


肉の 『玉田』
住所:山口県下関市長門町11-7
℡:083-233-0777
営業時間:09:30~18:00
定休日:月曜日  
駐車場:無
肉の 『玉田』・サイト

                              ばく土偶浮き


2011年08月28日 (日) | Edit |
           10224、
お土産で頂いた「さぬきうどん」、喜んで袋を開けてみると・・・ナント乾麺でした (@_@;)
失礼な話ですが、“乾麺の さぬき・・・”って、チョット胡散臭いと思いながら凝視 (;一_一)ジ-

    10225  10226
とりあえず 作ってみましょうと、作り方を見てみると 茹で時間はナンと24分間! (@_@;)
しかも、茹でている間は、一切 麺をサワいではイケナイという、超絶儀式付でした (@_@;)

ネコは釜玉♪ 四国うどんツアーに持参した 小ぶりの丼で、雰囲気を補強します (=⌒ー⌒=)
で・・・問題の麺はというと、モッチモチのシッコシコ! ヽ(□ ̄ヽ))...((ノ ̄□)ノ ス・スゲェェェェ!!

    10227  10228
ばくは “冷し温玉”、身びいきですが・・・中心部はい~感じで赤味が増しています♪ (^^)
醤油を垂らしてガッツリ混ぜて一気にかき込むと、麺の香りも良く満足度全開でした (^^)

冷水で〆ている分、釜玉仕様より強靭な反発力で抵抗して、カナリ旨い ( ̄¬ ̄=)ジュルッ
コレ・・・家に常備しておきたい麺類の、TOP3に一気にランクインしてきました (=⌒ー⌒=)


(有) 『三野製麺所』(みのせいめんしょ)
住所:香川県高松市香川町浅野952-2
℡/FAX:087-879-4691/087-879-4560
『三野製麺所』・HP



           10229、
ドコかでナニやら情報を仕入れたネコが、通販で取り寄せてくれたのがコレ♪ d(=⌒ー⌒=)
珍しくネコが調理してくれると言い出したので、ばくはトッピング係に回ります o(^^o)(o^^)o

    10230  10231
麺はお店で食べる冷麺のように、透明度があってツルツル・シコシコのノド越しが良いらしく
作ってる最中から、ワク♪o( ̄▽ ̄o)(o ̄▽ ̄)oワク♪感満載で 出来上がりを待ちます♪

    10232  10233
某・ファイト一発系ラーメン店と同じ丼に盛り付けたのは、最近出番が少ないからです (^┰^)
でっ! あ~あ!失敗したぁ~~!まるで冷し中華のトッピングみたくしてしもぉた (⌒◇⌒;)

まぁ、ソレは チョットおいといて・・・(笑) カナリ好みな食感と味付けでした ( ̄¬ ̄=)ジュルッ
もう一袋あるので、マダマダ暑い季節の 強い心の励みになりそうです♪ (=⌒ー⌒=)


麺匠 『戸田久』(とだきゅう)
住所:岩手県二戸郡一戸町一戸字前田168
℡:0120-30-2551(08:00~15:00/土・日・祝日を除く)
『戸田久』・「楽天」通販サイト


                              ばく土偶浮き


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。