最近気になる事などなど・・・・・・
  • 10«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »11
--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013年10月25日 (金) | Edit |
           15516、
金・土・日曜日が「1日」の場合、マズ間違いなく 『丸亀製麺』に伺います (=⌒ー⌒=)b
ドノお店に行くかを考えた結果、一番近い お店と思われる 下関武久店に伺いました

メニューは豊富にあるのですが、「1日」に行くからには“釜揚げ”に決定しています(笑)
問題は、「ドノ大きさにして」「サイドメニューをどうするか?」の、2点に限られます (^┰^)

    15517  15518
≪左≫ ネコは 釜揚げうどん(並) 通常280円が140円、かぼちゃ天 80円を注文 (^^)
≪右≫ ばくは 釜揚げうどん(特/麺2玉) 通常480円が240円、いも天 80円を注文 (^^)
食器(お皿)を複数使う必要が無いので、いも天はネコの お皿に便乗(笑)させます♪

ネコは最初からツユにネギをインさせる戦法(笑)ですが、ばくは別皿で頂きます (^┰^)
二人とも(釜揚げに)天カスは不要、ツユの味をできるだけ 崩さず食べるのが好みです

    15519  15520
たまぁ~に食べたくなる、ゴワッとした 強いコシの麺は 釜揚げが良く合います♪ (^^)
表面は少しフワフワした感じですが、中心に行くにつれて、ヤヤ粉っぽい感じになります
が・・・コノ中心部分の食感が、時間とともに変化していくのがオモシロイ♪ (=⌒ー⌒=)b

ノビ足が遅く、コシの変化も楽みながら 2玉を食べ終われる、というのも 魅力の一つです
こ~ゆ~麺ディション(笑)の うどんを、“男麺”と呼んで良いのかな~? σ( ̄、 ̄=)ンー??
などと考えながら、大量の うどんを黙々とススル ばくなのでした♪ (= ̄π ̄=) チュルチュル

    15522  15521
ばくは、ヤッパリ今回も使わなかった薬味(笑)、ネギもホトンド使わず麺メインが好み♪
コレからは、もったいないので 薬味は頂かずに、席に着こうと思います (=⌒ー⌒=)b

今回は色気を出して(笑) いも天も食べたので、お腹がパンパンになってしまいました
次回は、「1.5玉&天ぷら1個」か、「2玉で天ぷら無し」かで いかなきゃですね~ (^┰^)


㈱ 「トリドール」・HP


                              ばく土偶浮き
2013年10月18日 (金) | Edit |
           15493、
意外と知られてない事ですが、そうめんの「揖保乃糸」は 一会社の “商品名”ではなく
兵庫県の「手延素麺協同組合」が有する商標のコトで、いわゆるブランド名です♪ (^^)

グレードは大別して8種類、帯の色で区別されていますが、上級の「黒」は2種類あります
今回ソノ内の4種類を入手したので、食べ比べをしてみる事になりました♪ (=⌒ー⌒=)b

【黒:三神】・【黒:特級】【紫:縒りつむぎ】・【青:上撰】・【緑:播州小麦】・【金:熟成麺】
【赤:上級】・【小豆:太づくり】、今回食べ比べたのは、赤で反転した4種類 d(*⌒ー⌒*)
上から2種類づつ4組に分けると、各組を網羅しているという、バランスの良さに驚き(笑)

    15494  15496
一度に食べないと 違いが分からないので、色んな器具を フル動員して茹でる体制(笑)
水で〆る時間を考えて、時間差を1分とって イザ!戦闘開始(茹で始め)です♪ (^┰^)

ツユは前もって 干し海老と 干し椎茸で作ったモノを、冷蔵庫で冷やしているので無問題
干し海老を使ったツユは、ナンとも言えない い~香りとフクヨカな 旨味があります (^^)
清楚な そうめんの味に、余計な衣をまとわせるコトが無い、影の実力者と言えます(笑)


【黒:特級】 サスガ上から2番目(笑)、とにかく色んな面で最高レベル♪ コレより上級の
「三神(さんしん)」を 是非!食べてみたくなりました ワク♪o( ̄▽ ̄o)(o ̄▽ ̄)oワク♪

【紫:縒りつむぎ】 ツルツル・シコシコしたノド越しが、メッチャ良い そうめんです♪ (^^)
香りは「特級」に かないませんが、ノド越しだけなら コッチのほうが好みでした (^┰^)

【金:熟成麺】 良く言えばコシが強い、悪く言えば硬い、チョット微妙な食感です (^^;)
芯がある硬さではなく、周りが硬くて中は軟らかいという、舌触りが苦手なタイプでした

【赤:上級】 他と食べ比べると、ヤハリ評価はカナリ低くなってしまいます ( ̄ー ̄;)アセッ
茹で上がりの色が一番白く、良い香りと食感をアマリ感じる事ができませんでした (^^;)


無理とは思いますが、8種類を一度に食べ比べてみたいものですね~♪ (=⌒ー⌒=)b



                              ばく土偶浮き
2013年10月09日 (水) | Edit |
           15379、
リファイン中の下関駅構内に、8月16日にOPENした“駅うどん(そば)店”です (*⌒ー⌒*)

屋号は『味一』、小野田駅構内にも 同じ屋号の “駅うどん(そば)店”がありますが・・・
「小郡駅弁当」が経営されている、同系列のお店というコトになります♪ (=⌒ー⌒=)b
お昼に前を通ると、偶然OPEN初日だったので、夜ご飯に伺うことにしました (* ̄∇ ̄*)

    15380  15381
駅そば(うどん)らしく、立ち食いカウンターがあって、テーブル席も完備されています♪
店内はカナリ開放感があって 照明は暖色系、立ち食いの お店でコノ言い方はチョット
オカシイかもですが、なんとなくユックリしたくなるような、店内だと思います (=⌒ー⌒=)b

    15382      15383
メニューはドアを入って真正面にあるので、つい左側にある券売機を見逃しそうです(笑)
コノ日はOPEN初日のサービスで、トッピングが一品サービスして頂けると言う事♪ (^^)
マズ 300円(並)の券を購入して、トッピングを口頭で伝えるシステムでした d(*⌒ー⌒*)

    15384  15385
かやくそば 370円(OPEN記念価格で300円)、ネコは お初店で定番の“かけ”で行こう!
と、していたようですが、OPEN記念サービスのトッピングサービスを、お店のかたから
カナリ強く すすめられたので、ツユの味が濁りにくい 「かやく」を選択♪ d(*⌒ー⌒*)

そのツユは、マダ釜が慣れてない(笑)のか? チョット!コンディションが良くありません
醤油が尖った感じ、出汁は単独でフワフワ遊んでいる感じで、一体感が感じられません
コレはシバラクすると落ち着くと思うので、もう少し経って再訪したいと思います♪ (^m^)

    15386  15387
ぼう天うどん 400円(OPEN記念価格で300円)、ばくはごぼう天がドンナ感じなのか?
メッチャ!気になったので、トッピングは 迷わずコレに させて頂きました (=⌒ー⌒=)b

ごぼう天に味がシッカリ付いているので、ツユが かやくうどんより辛く感じます (^^;)
天ぷらの衣が入ると、ツユ全体が落ち着く感じになると思っていましたが、気のせい?

麺は断面が楕円形っぽい、押し出し系 丸うどん(笑)で、量はカナリ多いので 要注意
サイドメニューを頼まれる時は、一品ガマンしたくらいが 丁度良いかも?です (^┰^)



うどん そば 『味一』
住所:山口県下関市竹崎町4-3-1(JR下関駅構内)
℡:不明
営業時間:07:00~19:30
定休日:無休
駐車場:無
「小郡駅弁当」・HP

                              ばく土偶浮き
2013年10月03日 (木) | Edit |
           15363、
ネコが カツ丼を食べている時、ばくは分業(笑)で 麺類を食べていました (=⌒ー⌒=)b

コチラは出前もしておられるようで、ソレ用のバイクが店舗前にスタンバイしています♪
出前先の範囲がドコら辺りまでなのか? は、分かりませんが、麺類はともかくとして
出前範囲に家があるんだったら、丼モノの出前は お願いしてみたいです (=⌒ー⌒=)b

    15354  15355
メニューの画像は、カツ丼の時使った画像と同じ(笑)、使い回しでスミマセン (^┰^)デス

“きつね”が有(居)れば “たぬき”が有(居)る♪ 色々細かいトコロまでコダワリを持って
設定・細分化されているのがよく分かる、見ていて楽しいメニュー表です (=⌒ー⌒=)b
“ざる”と“もり”の価格差は20円、海苔代としてはリーズナブルな差額だと思います♪

    15358  15359 
かけそば 350円、“ざる”と両天秤で悩みましたが 、そばの種類が分からないのでコレ♪
出て来た丼の中を見てビックリ! (@_@;) メッチャ綺麗な更科蕎麦でした (* ̄∇ ̄*)

パッと見、稲庭うどんのような 細い真っ白い蕎麦は、ススルとマッタク うどんとは違った
滑らかさがあって、口の中 一杯に蕎麦の良い香りが広がる 美味しい蕎麦でした (^^)
“ざる”にしなかったのが残念でなりませんでしたが、ソレは次回のお楽しみ という事で♪

    15362  15361
コレは あくまでネコばく的感想なのですが、田舎などと違って香りが繊細な蕎麦なので
天ぷらなど油を使った、あまりゴテゴテしたトッピングは しないほうがヨサ気です (^m^)

テーブル常備品は 潔いくらい簡素ですが、ばく的には一味も不要だと思われました (^^)
ツユの香りも良いことですし、フンワリした芳醇な香りをマズ楽しんで頂きたいと思います


                              ばく土偶浮き
2013年09月19日 (木) | Edit |
           15243、
超ド級の引力を発生する お店達に阻まれて(?)、ナカナカ来れない お店がコチラ(笑)
王司地区はネコばくにとって、少数精鋭の大障壁が存在する、難攻不落の土地です(爆)

が・・・梅雨明け頃の 食欲不振時には、讃岐系のノド越しの良い うどんが一番良いと思う
ネコばくは、美味しい “かけ”と“ぶっかけ”を狙って 『はるや』に伺いました (=⌒ー⌒=)b

    15246  15247
かけうどん(あつあつ) 350円、ネコの基本形、温ったかい かけうどんを選択しましたが
「あつあつ」と言うには、モノ足りない温度で、フーフーする 必要の無い温度です (^^;)
サスガに「あつあつ」は、夏でも モウ少し熱いほうが良いと思う、ネコばくでした (^┰^)

麺(うどん)は、フカフカ・モッチリしたコシのある、いわゆる“女麺”で い~感じです♪ (^^)
麺の長さが若干長いので、ススルのにチョットばかり注意(コツw)が要るタイプですが
小麦の香りが良く、出汁との相性も良い、ココラ辺りでは一番美味しい麺だと思います♪

    15248  15249
かけうどん(ひやひや) 350円、ぶっかけと悩みましたが、結局 ばくはコレです (^m^)
温度的には「ひやひや」ではなく、チョットぬるい程度の 微妙な温度でした ( ̄ー ̄;)

が・・・「ひやひや」ってゆ~のは、結局こういった 温度の事を 言うんでしょうかねぇ?
以前、四国で食べた「ひやひや」は、モット冷たかった気がするのは気のせい? (^^?)

麺(うどん)は、温ったかいのとは全然違って、芯がピーンと通ったコシのある麺です♪
“男麺”とは言いませんが、ばく的にはコッチの冷たいほうがより好みでした (= ̄π ̄=)

    15245  15250  
価格はチョットばかり高めの設定ですが、コレほどの麺(うどん)がススレるのであれば
「納得」・・・と、言うより むしろ「お値打ち」と、言うべき なんじゃないかと思われます♪
透明度が高くエッジがシッカリ立った、好みの麺ディション(笑)を堪能させて頂きました

コチラの屋号の 『はるや』は、看板をはじめホボ全部 「はるや」と、表記されていますが
暖簾に一箇所だけ「波留也」と書かれています、コレが本当の屋号なんすかねぇ?(笑)



                              ばく土偶浮き
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。