最近気になる事などなど・・・・・・
  • 10«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »11
--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014年03月23日 (日) | Edit |
           16975、
ネコが 『和』(なごみ)の お得情報を入手して帰ったので早速伺いました♪ d(*⌒ー⌒*)

通常は550円のラーメンが、3月末まで「サンデーしものせき」の紙面提示で300円 (^^)
コノ恩恵が何回でも受けられるという、ナンとも豪気なサービス期間です (=⌒ー⌒=)b

    16978  16979
メニューの種類は過不足なく い~感じで、チャンポンも設定してあります♪ d(*⌒ー⌒*)
スープの種類は“豚骨”と“魚介豚骨”の2種類が、好みでチョイスできるのも嬉しい♪

ナゼか?「替玉」の表示が、特定のラーメンに掛かっていますが、全品OKだと思います?
セット物は「+セット」という、簡略化したカタチで3種類用意してあるので見やすいです♪

    16980  16981
ラーメン(硬麺) 300円、ネコは硬麺仕様、ちなみにコチラは 自家製麺です (=⌒ー⌒=)b
表面がツルッとした細麺は、少しアンモニア臭が漂いますが、アマリ気になりません♪

ただ・・・デフォルトの麺が い~感じの硬さなので、硬麺にすると 粉っぽく感じます (^^;)
ザクザクして欲しいライン(笑)を越えて、粉っぽくニチャッと してしまうのが残念でした

スープは豚骨臭は控えめですが、“お手本”のような ポッテリした脂感で 飲みやすい♪
トッピングのネギは清涼感があって、口中を瞬時にリセットしてくれる優れものです (^^)

    16982  16983
ラーメン 300円、ばくはデフォルト麺でお願いしましたが、コレがメッチャ!い~感じ (^^)
ネコばく的には、コチラの お店では デフォルト麺がベストな麺ディション(笑)です♪ (^^)

しばらくすると、「ばくちゃん!コッチ(普通麺)は、“アノ臭い”がしないよっ! (@_@;)」
と・・・麺の硬さを確認するためにシェアしたネコから、面白い(?)情報が入ってきました

比べてみると、確かに硬麺はアンモニア臭がするのですが、普通麺からは感じません
もしかしたら、茹で具合で “アノ臭い”が発生するコトがあるんでしょうか? (@_@?)
コレは次回、シッカリ確認してみる必要がありそうです・・・マダ300円の期間に (^┰^)
   
    16984  16985
店舗内の中央部にある、フリー用のテーブルには、各種漬物類が置いてあります (^^)
辛子高菜はピリッとした辛さが有りながら甘さも感じる、ご飯に合うタイプ (=⌒ー⌒=)b
思わず ライスセット(ライス小/80円)が欲しくなった、ネコばくでした♪ (* ̄∇ ̄*) ニィ

≪追記≫
このサービスが載った広告チラシは、3月21日付けの「ほっぷ」にも掲載されています♪
ポストに入れてあるパターンが一般的ですが、市内各所でも、入手できます (=⌒ー⌒=)b



                              ばく土偶浮き
2014年03月22日 (土) | Edit |
           16663、
過日、 100円かけうどんの店舗情報をアップした、『おかもと』に 行きました d(*⌒ー⌒*)

海鮮モノが美味しいというウワサの、『彦島シーレディース』からの強力な引力に逆らい
ばくは初志貫徹で オソラク県内でも最安値の、100円うどんを目指します♪ (=⌒ー⌒=)b

    16666  16667
かけうどん 100円、トッピングはカマボコ2枚に天カスにネギ、お手本通りの “かけ”です♪
麺は一部では “山口うどん”とも呼ばれている、まん丸な “押し出しがた”の丸うどん(笑)

ツユはチョット面白い感じを憶えます、大変失礼なんですが 醤油感は業務用の出汁っぽく
ベースはシッカリ摂った出し汁、といった感じの 摩訶不思議な雰囲気を感じてしまいました

あ~だ、こ~だ言ってますが、ココはヤッパリ 100円という価格に着目したいものです (^^)
家庭で作っても、光熱費まで考えたら100円近く掛かってしまうような気がします (=⌒ー⌒=)b

    16664  16665
ふく天うどん 500円、“かけうどん+ふぐ天(2枚)”という 豪気な内容です d(*⌒ー⌒*)
かけうどんは通常350円なので、+150円で ふぐ天が 2枚トッピングされるのスゴイ♪

500円で コノ大きさの “ふぐ天”が、2枚も乗ってる お店というのもナカナカ無いのでは?
レギュラーメニューの価格も、カナリ お得な設定になっていると思います (=⌒ー⌒=)b

ミッチリ身の詰まった ふぐ天は、衣がシッカリ付いていて丼の中でツユを吸い込んでも
バラけることが無く、フグとツユの出汁を引き立たせる 立役者になっているようです♪

    16669  16668
ふぐ天を単品で注文すると、 1枚150円なので、1枚分お得なのか? 大きさが違うのか?
気になったので、見ていると、お皿に用意されていた ふく天をトッピングされていたので
別のモノではないようです? (^^?) でっ! ココでネコが “トリビア的注文”を発見(笑)

ふぐ天2個を別皿で お願いしたら、かけうどん100円+ふぐ天2枚300円で 400円の計算
激安うどんを前に セコイ話ですが、“トッピングの妙”に気付かず 100円損しました(笑)
まぁソレもコレも、デフォルトの内容が分かったから、言えるコトなんですけどね~ (^┰^)

    16670  16671
客寄せというか? 話題作りというか? ソンナ感じなんだと思いますが、とにかく安い (^^)
イツまでコノ価格で提供されるか? は、分かりませんが、観光客が多い「カモンワーフ」
のみならず、県内を探しても 驚きの低価格メニューであるコトは 間違いない思います♪

丼もシッカリした陶器の器なので、プラスチック容器の “立ち食い”をススッているような
なんとなぁ~く、寂しいというか?空しさを 感じる事はありません (= ̄π ̄=) チュルチュル


うどんと唐揚げの店 『おかもと』
住所:山口県下関市唐戸町6-1(「カモンワーフ」・フードコート1F)
℡:083-235-7100
営業時間:11:00頃~15:00頃
定休日:木曜日
駐車場:有(「カモンワーフ」駐車場 )


                              ばく土偶浮き


2014年03月19日 (水) | Edit |
           16573、
ネコが好む、いわゆる“下関ラーメン”TOPクラスのお店の一軒がコチラの 『一龍軒』
本店も良いのですが、ネコ的にはコチラのシーモール店が好みとのコト (* ̄∇ ̄*) ニィ
ちなみに、ばくは本店が 好みなんですが、ココは好みの問題・・・という他ありません♪

コチラの お店と本店はナニが違うか? と、言うと 本店のは自家製麺を使用されていて
コチラは製麺所の麺ですが、食感からして “混ぜてある粉”が違うんだと思われます (^^)

    16575  16576
ラーメン 550円、本店の自家製麺は 「デンプンが混ぜてある」と いう話を、以前ドコカで
聞いた事がありますが、コチラの麺は、オソラク『丸子製麺』の麺なんじゃないかな~?
と、想像しています (^^)と なると、最有力候補は、“アノ粉”だと思われます (=⌒ー⌒=)b

ネコばくが勝手に “下関ベーシック麺”(笑)と、名付けているモッチモチの軟らかい麺は
ヌメっと軟らかく、最初からナンだか伸び気味に感じるかもですが、最後までソノまんま♪
アッツアツで出てくるので、シッカリ混ぜると、スープの温度が上がるような気がします(笑)

独特の麺の食感、ゴマ油の香り、サラッとしていながらチョイ粘度も有る白濁したスープは
下関で昔から食べられているラーメンの姿を、今もシッカリ継承しています (= ̄π ̄=) チュル

    16577  16578
しょう油ラーメン 600円、本店は豚骨のみですが、コチラは 独自の進化を されていて
下関では珍しいと言っても良い部類の、醤油と味噌が用意されています (=⌒ー⌒=)b

今までナゼか?目に入らなかったのが不思議なんですが、キット「見ていながら忘れる」
と言う イツモの “ネコばく的荒技”を、繰り出していたんだと思われます ヾ(;´▽`A``アセアセ

ルックスは、スープの色が違うだけで、トッピングの内容などは 豚骨と同じです (^┰^)
カツオの香りが程よく効いた、和風寄りの醤油ラーメンですがカナリ好み♪ (*⌒ー⌒*)
麺はデフォルトのラーメンと同じ麺ですが、醤油にも良く合います (= ̄π ̄=) チュルチュル

    16574  16579
中華風(と、いう表現で良いのか?w)の醤油ラーメンだと ネコばく的には『蘭風』ですが
コチラの醤油ラーメンは、下関ではカナリ珍しい チョイとハマリそうな醤油ラーメンでした♪

メニューに赤文字で書かれているのは、本「店には無いメニュー」を主張されているのか?
ソレとも「自信有り」という、意思の表れなのか? は、計り知るコトは出来ませんが・・・
今度は、是非とも味噌ラーメンを食べてみたくなった、ネコばく(特にばく)です (=⌒ー⌒=)


                              ばく土偶浮き

2014年03月04日 (火) | Edit |
           16473、
新鮮な野菜を求めて 新下関をウロウロした帰り、朝ご飯に 『資さんうどん』です♪ (^^)
結構早い時間にもかかわらず、店内は10組以上のお客さんが居られました (= ̄o ̄)ヘェ~

皆さんも ネコばくのように、朝市がらみで移動された 帰りなんでしょうかね~? (^┰^)
夜遅くの お店は結構有りますが、朝早いお店は 下関にはアマリ無いので助かります♪

    16475  16474
時間的に 朝食メニューも食べられる時間だったんですが、お昼にナニが待ってるか?
分からないので、ココは軽く うどん単品で行ってお腹に余裕を残す事に決定しました(笑)

「うどん」と言っても、麺は うどん・そば・細麺(さいめん/うどん)から選べます (=⌒ー⌒=)b
全部食べてみましたが、ネコばくには 普通のうどんが一番好みに合っています (* ̄∇ ̄*)

    16478  16479
かしわうどん 490円、ネコは前から 気になっていた “かしわうどん”♪ (* ̄∇ ̄*) ニィ
ミッチリした部分とコリコリした部分の食感が楽しめる、カナリ好みの鶏肉です♪ (^^)
味はツユに泳いでいながら、シッカリ浸みていて スカスカに感じる事はありませんでした

ソノ出汁が加わったツユが美味しくないはずがありません♪ スイスイ飲めるスッキリ感♪
甘ぁ~い香りの 鶏脂(とりあぶら)が ポッテリと浮いていて、ツユの香りが い~感じ♪
ラーメンの鶏油(チーユ)は苦手ですが、こ~ゆ~感じの脂はメッチャ!好みです (^┰^)

    16480  16481
かけうどん 320円、気になりつつも ついボリューム系の うどんに行っていた ばくですが
「お腹周り調整中」という、ナカナカ便利な大義名分(笑)をかざして、注文しました (^┰^)

天カスなんかがフリーで有るんですが、今回はデフォルトのスープの味を 確認したいので
最初のうちはノーマルのまま食べ進めましたが、最後のほうになって フリーの トロロ昆布
チョット入れてみると、出汁感は強くなりますが、辛さまで強くなってしまったのが残念です

“ぼた餅”絡みで食べたかったんですが、『藤田弦月堂』に、お正月餅を頼んでいたので
今回は断念しましたが、次回は かけうどんのツユで ぼた餅を頂いてみたいものです (^^)


『資さんうどん』・HP


                              ばく土偶浮き
2014年02月26日 (水) | Edit |
           16372、
今年で 5周年を迎える 『テンポイント』が、マタ「大抽選会」を開催されます (*⌒ー⌒*)

ネコばくは、ナゼか? イッツもスタンプカードを忘れていくので毎年 不参加(笑)ですが
例年通りだと満タンのスタンプカードは、外れてもソレ以上のモノになって帰ってくるという
メッチャ!豪気な設定をされているので、是非!参加されてくださいマセ♪ d(*⌒ー⌒*)

    16373  16374
カキフライ定食 750円、おそらく新メニューだと思いますが、もしかしたら 季節限定かも?
価格はソノママで ご飯は大盛り(どんぶり飯w)に変更可能ですが今回は普通盛り♪ (^^)

メニューの写真には うどん(フルサイズ)が載っていますが、そばに換える事も可能です
しかも 麺の種類は、大将のほうから聞いて下さるという、至れり尽くせりのサービスです♪
佃煮は、ネギや天カス同様 フリーで入れ放題なので、ネコの お盆には乗っていません (^^)

    16375  16376
カキはアツアツ・プリプリでメッチャ!ジューシー♪、 噛むと中から “カキジュース”(笑)が
ピュッと飛び出してきて、口の中を火傷するかも?なので、注意が必要です (=⌒ー⌒=)b

火の通り加減がメッチャ好みで、ギリギリ火が通りきったくらいの い~塩梅♪ ( ̄¬ ̄*)
衣は薄めでカリッと揚がっているので、食感のコントラスト(笑)も楽しめる一品でした (^^)
下味が付いているので、マズ食べてみてから 掛けるモノを判断されたほうが良いです♪

    16377  16378
うどん 370円、最近 そばばかりだったのと、ネコが “そば”にしてるので、ひさしぶりに
ばくは うどんにして、うどんと そばのツユの違いを再確認してみました♪ (=⌒ー⌒=)b

そばのドッシリしたツユに比べて、うどんのほうのツユは ヤヤ甘めに設定してあります
人によっては、少しボヤンとした感じに 取られるかもですが、コレはコレでアリ♪ (^^)

淡白な うどん(麺)を味わうには、濃過ぎると ど~してもツユに支配されてしまうので
コレくらいが丁度良い濃さ(辛さ)だと信じてやまない ネコばくです (= ̄π ̄=) チュルチュル



                              ばく土偶浮き
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。