最近気になる事などなど・・・・・・
  • 07«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »09
--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013年02月24日 (日) | Edit |
           14010、
久しぶりに宇部に来たので、色々散策して回って 「フジグラン」をウロウロした時
フードコートを調査(笑)に行って 見つけたのが、コチラの お店です (=⌒ー⌒=)b

一旦「フジグラン」を出て、モードのお店を探したんですが、ど~にも落ち着かず
数時間後にマタ舞い戻ってきて、再度フードコートに向かいました♪ (*⌒ー⌒*)b

    14013     14014
メニューは、カウンター上部にあるものより写真付きの 立看板のほうが分かりやすい♪
まぁ、コレは 当たり前っちゃ~当たり前の事なんですけど(笑)。ソノ分文字だけのほうの
「麺大盛り」が「超大盛り」に見えてしまって、悩みに悩んだ 間抜けな ばくです (^┰^)

    14011  14012
中華そば 480円、トッピングはチャーシュー、メンマ、モヤシ、青ネギとオーソドックス♪
サラァ~っとしたタイプのスープは、フードコートで よく出会う感じ(?)の、クセが無く
食べやすい “お手軽なラーメン”(笑)の お手本のようなスープでした (=⌒ー⌒=)b

麺は宇部では細麺になると思います、茹で加減はヤヤ硬麺で ノド越しの良い麺です
スープがモット濃くても、コノ麺だったら大丈夫そうだと思います (= ̄π ̄=) チュルチュル

価格はワンコインを切る480円と お値打ち価格、買い過ぎで寂しくなってる懐(笑)には
ありがたい低価格で、チョット割高に感じるフードコートでは 目を引くかもです (^m^)

    14015  14016
丼はシッカリ!屋号入りの専用丼♪ (=⌒ー⌒=)b [麺つる] という落款(?)まで有る
凝った仕様です、屋号をグルリ雷文が囲っていて 他には何も無いのが 印象的です♪
底の部分にも文様が無いのも、アル意味メッチャ特長的な 丼だと思います (=⌒ー⌒=)b


中華そば 『つるつる』・宇部店
住所:山口県宇部市明神町3丁目1-1(「フジグラン宇部」・2F))
℡:0836-36-2203
営業時間:10:00~20:00
定休日:不定休(「フジグラン宇部」の店休日に依る)
駐車場:有


                              ばく土偶浮き

2012年11月19日 (月) | Edit |
           13175、
コノ日は お初の 宇部の新店を目指して走っていたハズが・・・店名を憶えないネコ(笑)が
「宇部って ゆ~と、アノお店が美味しかったけど、今日はどうかね~? (* ̄∇ ̄*) ニィ」

と、言うので ココは乗っかっとこうと、急遽『つるや』に進路を変更しました (=⌒ー⌒=)b
最近はネコの言いかたで、おおよその見当がつくようになった ばくです (⌒◇⌒;) アハハッ

    13178  13179
こ~ゆ~時のネコの一言は、「猫神様の御告げ」という言葉で、ばくの中では金科玉条の
ありがたぁ~い言葉として、根強く生きているので、進路変更もヤブサカでは ありません♪

んがっ! お店の前に着くと、ナント暖簾が出てないっす! ヽ(□ ̄ヽ))...((ノ ̄□)ノ アゥアゥ・・・
あきらめて帰ろうとすると・・・イツモはソンナ事をしないネコがお店に ダッシュ!≡≡≡ヘ(*^^)ノ
引き戸を開けて顔を突っ込むと・・・コッチを振り返ってニッコリ♪ (*⌒ー⌒*)b ヤッテルッテ~

    13176  13177
ラーメン 550円、女将さんが “ホボ平ざる”(笑)で、麺揚げをされる姿は軽やかです♪
カウンターに置かれたラーメンを受け取ろうとすると、見る見るカゼイン膜が張ってきて
一息ついてラーメンに対峙した時には、表面をビッシリと覆っているホドの迫力でした

見た感じはドチラかというと滋味系・・・宇部ラーメン系とは一線を画すラーメンという
ばく的なイメージは180度ひっくり返されてしまうくらいの、ガッツン系のスープです♪
こ~ゆ~のを、“羊の皮を被った狼的ラーメン”と、言うんでしょうかね~? (^┰^)

    13180  13181
ばくもラーメン 550円、メンマは薄味でコリコリの食感が楽しいタイプ♪ (=⌒ー⌒=)b
チャーシューは軟らかくてヤヤ厚みがあって、脂身が甘ぁ~いジューシーな仕上がり♪

ネギは青ネギがメインですが、白い部分も混ざっていて、チョット大きめな切り方です
チョット苦味があるのと、舌触りが悪いのが 気になりましたが、“重箱の隅”ですね(笑)

表面だけスープをススルと、ジュレのようなカゼイン膜が トゥルッ♪と流れ込んできました
ナントモ♪ ツンデレ系の極上スープに出会えたものです♪ (=⌒ー⌒=)bサスガ.ネコガミサマ

    13183  13182
イツモはチョット軟らかめの麺が、コノ日はツルツル・シコシコした、い~麺ディション(笑)
麺とスープのバランスが良く、ススルのがメッチャ楽しいラーメンでした (= ̄π ̄=) チュル

お店を出るまで、と~と~暖簾が出る事はありませんでしたが、サスガは常連さん・・・
戸を開けると、様子を見る風ではなく サッと入ってきて注文するかたが多くおられました
おそらく イツモ女将さんは、コンナ感じの 営業スタイルなんでしょうね~ (=⌒ー⌒=)b


                              ばく土偶浮き

2012年02月27日 (月) | Edit |
           11613、
メ ン ガ チ ョ !に、『るいるい軒』@宇部姉妹店が2月1日にオープンしたそうです。
と、新店情報が流れました (=⌒ー⌒=)b ぢつわ・・・チョット前のこと、アル麺友さんから
ソレらしい話を聞いていたのですが、ソノかたは「『田吾作』の近く・・・」と、言われていたので
以前の『田吾作』近くを探し回ってみても マッタク見つからず、諦めた経緯があります(笑)

    11614  11615
「るいるい軒とは違ったニュースタイルの店」という意味で店名を『新式』と付けられたそうです。
「1970~1980年代をイメージした」レトロな雰囲気の店内でトンコツラーメンが提供されるようです。


という、メ ン ガ チ ョ !と 飛んだサイトで見た情報で、ある程度の知識を持って伺いましたが
店内に入ると、落ち着いたと言うか?照明が暗いと言うか? 夜営業のお店っぽい感じです(笑)
ココらアタリは 『るいるい軒』の雰囲気を、イメージ的に踏襲したようにも感じました (^┰^)

    11616  11617
らぁめん 550円、麺はデフォルトでお願いしたところ、ヤヤ柔らか目で “例の”アツアツ麺です
最初は麺がゴジャマっていて スープと絡んでないので、麺に味がないように感じました (^^;)
麺をほぐす意味でも 初期段階で全体をシッカリ混ぜると、良いように思われます (=⌒ー⌒=)b

カゼイン膜は張っていませんが、表面にはラードとは違う脂が確認できました (=⌒ー⌒=)b
スープは 『るいるい軒』のスープを彷彿とさせますが、濃度的にはカナリ控えめでアッサリ♪
いわゆる “宇部ラーメン”とは一線を画す方向に振るような 作りになっていると思います♪

    11618  11619
焦がしBLACK 650円、マズ確認したのが “BLACK(黒)”が、マー油かどうか?という事 (^^)
お店のかたの説明で、醤油を煮焦がしたモノで マー油ではない事が分かり安心して注文♪

出てきたスープは名前の通り黒っぽいスープで、醤油の焦げた香りが食欲をそそりますが
スープ自体がオトナシイので、醤油がどーにも孤立して 尖った味に感じてしまいます (^^;)

ネコばく的には、こ~ゆ~焦し系の風味のあるスープの場合、もう少し豚骨感が強いほうが
全体的なバランスが良くなるような気がするんですが・・・どぉ~でしょ~? (⌒◇⌒;) アハハッ

    11620  11622
チャーシューは 「らぁめん」が2枚で「焦がしBLACK」が3枚と、差別化されているようですが
トッピングの仕方が2枚にしか見えないので、もしかしたらラッキー・ミスだったかも?(笑)

ウッカリ雑に持ち上げると、ボロッと崩れてしまいそうな 軟らかさが印象的なチャーシューは
薄味のスープによく合うタイプの シッカリした味付けで、カナリ好みのチャーシューでした♪

    11621  11623
支払いを済ませると、100円を渡されて「ガチャポン(ガチャガチャ)」を 薦められました (^^?)
やってみると、OPEN記念(?)で、「豚巻き」のサービス券が当たりました♪ (=⌒ー⌒=)b ラキ

近々 『るいるい軒』の看板メニューでもある 「とき玉らぁめん」が登場するそうです (=⌒ー⌒=)
が・・・スープが今のままだったら、マイルド過ぎるような気がするんですが、ど~でしょ~?(笑)


らぁめん 『新式』(しんしき)
住所:山口県宇部市新天町1-3-4 (若干場所が違うようです、ポイントの左側・道沿いです)
℡:0836-34-2838
営業時間:11:00~15:00/18:00~22:00
定休日:日曜日
駐車場:無(目の前にチケット式P有)


                              ばく土偶浮き


2011年11月02日 (水) | Edit |
           10632、
ツレから「YAHOOの地域情報に宇部のラーメン屋さんの新店情報が載ってるよ」と、入電♪
後日 メ ン ガ チ ョ !投稿したまでは冷静(謎)だった ばくですが・・・ど~にもこ~にも
ウズ♪o( ̄▽ ̄o)(o ̄▽ ̄)oウズ♪してヤレないので、仕事を早めにハネて強行しました♪

ネコは残業、住所は「宇部市西平原2」までしか載ってないので、一人移動は困りましたが
確認のため、山口県の麺屋さん一覧を見ると、「-8-11」が追記されています (@_@;)スゲェ
どう調べられたのかは不明ですが、おかげでサクッと現地に到着できました (=⌒ー⌒=)b

    10633  10634
ラーメン 500円、サラッとしたスープですが、トンコツの香りはシッカリ漂ってきます♪ (^^)
記事中に「修業先の店の味をベースに独自の味にアレンジ・・・云々」と、書かれていましたが
ソノ修行先の味は、底のほぉ~に チラッと姿を垣間見る事ができるくらいに変化しています♪

麺はプリッとした中細麺、デフォルトでお願いしましたが、硬麺が良さ気な麺だと思います
宇部ラーメン系のお店の中では、ばく的にはカナリ好みの麺としてインプット (=⌒ー⌒=)b
丼はメッチャ熱いのですが、最後までダレる事のない 麺ディション(笑)が 楽しめました♪

チャーシューは一枚一枚、丁寧に炙られてトッピングされるというコダワリの一品でした♪
香ばしい薫りがスープに移って、アッサリしたスープがコクを感じるように変化していきます
燻臭や炭臭は好みが分かれるところですが、“そ~ゆ~の”も面白いかもしれません (^┰^)

    10636  10635  
ラーメン系のメニューは「ラーメン 500円」、「チャーシューメン 650円」、「替玉 100円」のみ
ちなみに、大盛は用意されていないそうなので、替玉で対応して下さいませ♪ (=⌒ー⌒=)b
熱々の丼のおかげで、スープは終盤でも熱を保っているので、替玉向きだと思います (^^)

サイド系(ラーメン実食時の)としては「おむすび 100円/個」が用意されているだけの潔さ♪
(ラーメン実食時の)と、書いたのは・・・コチラは居酒屋メニューが豊富にあるからです(笑)

修行先のお店だけでなく、住所と屋号にもチョットした “トリビア”的要素がありましたが・・・
詳しいトコロは、ココでは ヽ(=  ̄0 ̄)ノナヽ(=  ̄◇ ̄)ノイヽ(= ̄з ̄)ノショ♪ って事で (^┰^)


ラーメン・居酒屋 『木戸屋』
住所:山口県宇部市西平原2-8-11
℡:0836-33-6666
営業時間:11:00~14:00/17:00~23:00
定休日:日曜日
駐車場:無(店舗前に駐車スペース有り)


                              ばく土偶浮き


2011年09月29日 (木) | Edit |
           10245、
今現在、宇部でもっとも新しいラーメン屋が、コチラの 『ろくの家』です♪ (=⌒ー⌒=)b
冠は「らーめん食堂」で、「大黒」とか「恵比寿」といった、七福神系の名前はありません
神様系のラインアップを期待していた ばくは、チョイとガッカリ気味で入店します(笑)

    10246  10247
細かい違いはあるものの、基本メニューは 『ろくの家』・大黒@小倉北区とホボ同じ♪
麺の硬さは5種類(超硬・硬・普通・重・超柔)対応で、好みの麺(茹で加減)を探す事も可能です

宇部ラーメンの特徴でもある、ヤワヤワ・ユルユル麺とは違い、ポキポキ・ザクザクした麺が
近場で味わえるとなると、イヤガウエにも人気は集まるんじゃないか?と、推察されます (^^)

    10248  10249
どみそ 680円、チャンポン麺と見まがう 太縮れ麺のためか? 出て来るのがカナリ遅いです
ラードの焦げた香りが食欲をそそりますが、全体を支配しているため味噌の香りが弱い (^^;)
辛味ダレは別皿でお願いしたのですが、酸味が強くて弱めの味噌の味を完全にスポイルします

鍋で熱せられているためだと思いますが、トロミを感じるスープはヤヤ少なめに見えますね~
黙って出されたら、チャーシュー付きのチャンポンにしか見えないルックスに感じました (^^;)
食後の ゲップ!(〃 ̄ ̄ ̄<=3 が、“長崎ちゃん○ん” ソックリでした ヾ(;´▽`A``アセアセ

    10252  10253
「ヤッパ、普通のラーメンにしたら良かったなぁ~ (^^;)」と、何度も思いながら干食 (^┰^)
丼の底には 私の周りは 師匠だらけ みんなみんな ありがとうと、書かれていました♪

丼はラーメンに使われる 切立形の丼ではなく、口の広い玉丼形をチョイスされています
コノ形状が、マタそこはかとなく チャンポン感を増長させているように感じました♪ (^┰^)

    10250  10251
六黒は黒い丼、六白は赤い丼、『ろくの家』・大黒@小倉北区では六白は、青い丼でした。
辛味噌を入れたラーメンは、ばくには どぉ~しても 『一蘭』を連想させるスープです (^^;)
最近、『一蘭』の麺が、好みではなくなったので、コチラの麺のほうが美味しく感じます (^^)

営業時間は23:30がオーダーストップなので、夜遅くても問題なさそうです (=⌒ー⌒=)b
周囲には夜専のラーメン屋さんも数店存在しますが、“行きやすさ”では、トップクラス♪
宇部市のラーメン勢力図(笑)に、大きな影響を及ぼす事は 必至だと思われます (^^)


らーめん食堂 『ろくの家』
住所:山口県宇部市南小串2-5-18
℡:0836-39-6602
営業時間:11:00~23:30(O/S)
定休日:無休
駐車場:有


                              ばく土偶浮き


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。