最近気になる事などなど・・・・・・
  • 10«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »11
--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014年03月05日 (水) | Edit |
           16521、
ネコの2014年 “初お店ラーメン”は、『圭順』です d(*⌒ー⌒*) ばくは既に食べていますが
ラーメン専門店では無いのと、カナリ残念な一杯だったので、ヒトマズ “記憶から削除する”
と、いうコト(笑)にして、コチラに 初ラーメンを食べに伺った、 という 悲しい “記憶”です(笑)

    16522  16523
コノ日は風が強い日だったので、遠目からもハタメク暖簾が新しくなっているのを確認♪
今までの暖簾も、青だったと思われますが、チョット元色が確認できない感じだったので
新しい暖簾の鮮やかな青は、メッチャ!新鮮で綺麗に映りました♪ (=⌒ー⌒=)bイイッスネェ

    16524  16525
ネコはラーメン 500円、相変わらず丼の縁ギリッギリまで注がれたスープは超迫力系(笑)
コチラのチャーシューが得意ではないネコは、チャーシュー全部をばくの丼に移動させます

なので、今回の「ネギと海苔だけのトッピング」と いうのは、ナントナク不思議な感じです
がっ!・・・チャーシューという、障害物が無い分、表面の変化が顕著に確認できます♪
パリパリ~っと音が聞こえそうなイキオイで、カゼイン膜が張っていくサマは圧巻でした

麺は淡白なイメージは相変わらずですが、コシが出ているように感じるのはネコばくだけ?
ツルッとして、シコシコした食感を楽しみながらも、いくら飲んでも減らないスープを相手に
ひたすら麺をススリ続ける ネコの姿は、正月早々ナンともケナゲでした ヾ(≧д≦)ノウヒョヒョ

    16526  16527
ばくもラーメン 500円、ですが ネコのチャーシューが全部乗っているので 肉肉しい(笑)
チャーシュー麺って、もしかしたら コンナ感じなのかな~? と、思ってしまいます (^┰^)

出てきたばかりのチャーシューは、真ん中アタリがピンク色ですが、スープと麺を一通り
楽しんだ頃には、シッカリ火(熱)が通った色に 変化しているのが スゴイ♪ (=⌒ー⌒=)b

小さいけど厚みがあるチャーシューは、食感はヤヤ硬めでジューシーさはありませんが
噛んでいくと、お肉本来の味が “臭みを感じない”で、楽しむ事ができる仕上がりです♪

ばく的には「『北斗亭』のが大丈夫なら レもOKなんじゃね?」と、思ってしまうんですが
ソレもコレも、食には “好み”というモノが、確かに存在するので 致し方ありません(笑)

    16528  16529
ばくはスープをシッカリ干食(笑)、ネコは頑張って頑張って ヤット丼の下線くらいです(笑)
ココ(この線)までスープを入れて、麺とトッピングを加えて一杯、と いうお店も多いのでは?

丼が通常サイズよりヤヤ小ぶりなため、こ~ゆ~迫力があるように見えるのも確かですが
ソレを考慮に入れても、なお余りあるホドのスープの量なのは 明白です♪ (=⌒ー⌒=)b


                              ばく土偶浮き

2014年02月28日 (金) | Edit |
           16443、
ひさしぶりの 『とん平』ですが・・・ネコはコノ前に 1人で訪問しています♪ d(*⌒ー⌒*)
今まで、一人でラーメン店どころか、飲食店全般に入るコトが 苦手だったネコですが
最近は、数店舗 一人喰い(笑)が出来る お店が出来ているようです♪ (= ̄m ̄)ププッ

    16444  16445
ネコはラーメン(硬麺) 550円、コノ日の『とん平』は チョット異様な雰囲気でした (^^;)
注文をしても 返事や確認の復唱が無いので、注文が通ってるかどうか?分からない
3回目でヤット 無言の「コックリ (  ̄ー ̄)))」・・・コレってナンだぁ? (⌒◇⌒;) アハハッ

大将は休憩中なのか? 麺あげその他一連の作業に、マッタク大将が関わってない
出てきたラーメンは、デフォルトより軟らかいメンディション(笑)でダマになっています

スープは元ダレが下に溜まっているので、最初の一口はメッチャ薄く 旨味はありません
麺をさわぐと、麺の硬さ以外の問題点は解決されますが、イツモの『とん平』とは別物
ブレの範疇は遥かに越えている一杯に、「作り手って大事なんだ」と再確認しました(笑)

    16446  16447
ばくもラーメン(硬麺) 550円、同じものなんだから、感想はマッタク同じです (^^;)ハハッ
メッチャ!失礼なんですが、「コンナくたびれた極細麺は珍しい」と、言うホカ無いのが
残念でもあり、こ~ゆ~『とん平』を味わえたのが嬉しくもあり、な 複雑な心境です (笑)

細い麺だけに、軟らかい麺がゴジャマルと、もぉ手に負えない食べ難さがあります (^^;)
スープは後回しにして、出来るだけ早く麺をヤッツケるのに集中した訪麺となりました(笑)
ネコばく的には、「ヤッパ『とん平』は硬麺がンまい!」と いうのが 結論です (=⌒ー⌒=)b

    15135  16448
コチラの 麺の美味しさは周知の事実のようで、ライスより50円高くても 替玉のほうが
良く出ているように感じます♪ ネコばくも お腹の具合が良い時は替玉にするんですが
コノ日のメンディション(笑)だと、追加するなら ライスのほうに行っていたでしょう (^^;)

次回は イツモのようにザクザクの硬麺に、ポッテリした旨味の強いスープを期待しつつ
チョット残念だった 『とん平』を後にして、言葉少なく下関に帰りました ヾ(;´▽`A``アセアセ


                              ばく土偶浮き
2014年02月24日 (月) | Edit |
           16340、
ご当地の名物が大集合!「東北六県の物産展」と、銘うたれた 「下関大丸」の物産展♪

ネコがイートコーナーで 親子丼を食べている 目の前で ばくはラーメンです (=⌒ー⌒=)b
こ~ゆ~場所では、ラーメン全体は お店よりアンダーコンディション(笑)だと思いますが
今回のように、別の お店が混在している場合、プラス要因のほうが強いです (* ̄∇ ̄*)

    16343  16344
創業は昭和29年、「蔵の街」と言われている “喜多方”で、昔懐かしい中華そばの味を
守り続けています
という紹介文が、写真を見るだけでも納得できるような、見事なまで
“中華そば”然としたルックスに、思いっきり食欲がソソラレる ばくでした ( ̄¬ ̄=)ジュルッ

    16346  16347
喜多方ラーメン 700円、チャーシューメンは 850円でしたが、チャーシューが好みじゃ
なかったら 目も当てられない(笑)ので コレにしましたが、ヨミは当たったようです(笑)
サクサクした脂と、ゴムゴムした赤身の部分のマトマリが悪いのが好みではありません

スープはルックス通りの、アッサリ・スッキリしたスープで 旨みが凝縮されていました♪
醤油の甘みが際立っていて、イツまでも飲んでいたくなるような 心地良さが有ります (^^)
こ~ゆ~感じの醤油スープは、下関では 『蘭風』が一番近いような気がします (=⌒ー⌒=)
 
    16348  16349
モッチリした縮れた平打ちの太麺は、ノビ知らずで最後まで い~麺ディション(笑)です
山口県でこ~ゆ~食感を体験する事ができるお店は、ホンのゴク一部の お店です (^^)
スープをシッカリ持ち上げてくれて、口の中で醤油と 小麦の良い香りが合わさります♪

両方が主張しながらも、お互いを引き立てるような構成は “見事”としか言いようがなく
トッピングが邪魔に感じるような、美味しい麺とスープのコラボを堪能しました (=⌒ー⌒=)
気が付けば アッという間に 干食(笑)している自分に驚くやら呆れるやら・・・(^┰^)デス

    16350  16341
テーブル常備品はコショウと一味唐辛子ですが、屋号(『まるや』)が書かれているのが
コショウだけなので、一味唐辛子は 親子丼(『秋田比内や』)用 なんだと思われます♪

丼には屋号が確認できるので、お店から持って来られたモノ♪ 柄の色合いも鮮やかで
今回の物産展出店にあたって、新調されたのかも? と、思ってしまうような綺麗さでした

今回、こ~ゆ~感じで 違ったモノを同じ場所で食べられる、いわゆる“コラボ出店”(笑)は
ネコばく的には、メッチャ!ありがたい♪ コレからもこ~ゆ~のを希望します (* ̄∇ ̄*)



喜多方老麺 『まるや』
住所:福島県喜多方市字寺南2628
℡/FAX:0241-22-0613/0241-24-4328
営業時間:11:00~15:00/17:00~19:00(スープがなくなり次第終了)
定休日:火曜日
駐車場:有
喜多方 「老麺会」・サイト


                              ばく土偶浮き
2014年02月21日 (金) | Edit |
           16233、
ばく友から差し入れ(?)で もらった、『達磨』の お土産ラーメンです♪ (=⌒ー⌒=)b
「達磨」が漢字で表記されていますが、博多区で名店の誉高いラーメン店『だるま』とは
マッタク違う 別の お店なので、くれぐれも誤解無きよう ご注意くださいませ~♪ (^┰^)

    16234  16235
「ふく富」 達磨ラーメン(4食入)、デフォルトの味を食べてみたいので トッピングとかは
一切無しで作った結果・・・とてもアップできるルックスではなかったので 割愛します(笑)

麺はカナリ細麺♪ ツルツル・シコシコして、メッチャ好みのメンディション(笑) (=⌒ー⌒=)
スープは “豚臭さ”(笑)がシッカリ感じられて、コレまた ド・ストライクです ( ̄¬ ̄*)ジュルッ

実店のラーメンを、ドレくらい再現できているのか? ネコばくにはマッタク分かりませんが
アンダーコンディションだとしたら、実店のラーメンはキット激好みのはずです (* ̄∇ ̄*)
今度博多方面に行く時には、伺ってみたい お店のトップクラスに位置する お店です (^^)


味の「ふく富」・HP



           16236、
マルちゃんの中華そば ガラだし醤油(2人前)、「ゆめモール」OPEN時に「ゆめマート」で
68円(だったか?)と いう、驚きの安さで販売していたので♪ 2袋買って帰りました (^^)

普通ならアマリ期待しない系のラーメンですが、製造元が マルちゃん(東洋水産)なので
コレに関しては、結構ワクワクした期待感を持って、購入したのを 憶えています (^┰^)

    16238  16237
コレもネギすらトッピングしないで食べるので、写真を撮ってはいますが割愛します(笑)
スープの表面には 脂がスゥ~っと浮いて、懐かしさが漂う 文字通りの「中華そば」です

麺は硬麺になるように調整してみたところ、硬いとか、ブツッと切れるとか、そういった
食感的なマイナス要因は 顔を出さずに、モッチリした中太麺に仕上がりました♪ (^^)

スープは見た目通りスッキリ・アッサリした、優し~ぃ旨みの詰まったスープ♪ ( ̄¬ ̄*)
トッピングは中華風のチャーシューやメンマ、ナルト巻きなんかが 良さそうな感じ (^┰^)
他にも「とんこつ」や「味噌」も有るようなので、ソレも是非食べてみたいと思います (^^)


「東洋水産」・商品情報サイト



                              ばく土偶浮き
2014年02月06日 (木) | Edit |
           16304、
『北斗亭』を後にして向かったのは、麺とスープが一個づつ買える 『武居製麺』です♪ (^^)

最近は “連食”が出来なくなってきているネコばくは、“お持ち帰り”に終始していましたが
コチラの存在を知って以来、アレやコレやと試して 最近ネコばく好みのスープが完成 (^^)
以来、お店での “お持ち帰り”は封印(笑)、コチラで麺とスープを買って帰るのが常です♪

    16308  16305
『マクドナルド』よりデッカイ看板が、2枚も お店の目の前に鎮座しているのも珍しい?(笑)
コレだけデカイと、ツイ看板に見惚れてしまい、駐車場をスルーするかたも居られるかも?
なぁ~んて 有り得ないようなコトを、ばくに真剣に考えさせるほど デッカイ看板です (^┰^)

    16306  16307
ネコの御所望はデフォルト仕様の「匠」、モチロンばくも同じですが、せっかく来たんだから
ナニか珍しいモノは無いか? グルッと見て回って、琴線に触れたモノが有ると少量ですが
購入させて頂いて、牛骨スープにドレくらい合うか? 試すのも楽しみになっています (^^)

    16309  16310
匠(たくみ) 70円、焔神(えんじん) 70円、「中華新麺」と書かれていました (* ̄∇ ̄*) ニィ
ツルツルした食感が、デフォルトの麺(匠)より強いのですが、バランスが良くないような?
ヤッパリ牛骨スープには、チョットばかりザクザクした麺がよく合います (= ̄π ̄=) チュルチュル

    16548  16549
牛骨スープ 60円、お湯で希釈するタイプのスープですが、ネコばく的には少し “弱い”のと
お店で食べるスープに出来るだけ近付けたいので、色々と“細工”をします♪ (=⌒ー⌒=)b
アレとコレを入れて、ネコばく的下松牛骨に近付けるノウハウは頭に叩き込んでいます(笑)

最近ハマリ気味の、白髪ネギトッピングと、サッと湯通しして シャッキシャキしたモヤシを
ドバッとトッピングしたら出来上がり♪ ちなみにモヤシは「あおき」のブラックマッペです (^^)
オール下松で固められたラーメン、コレでこそ (下松)牛骨ラーメンと言えるでしょう♪ (^┰^)



『武居製麺』・HP
『武居製麺』・「麺市場」サイト
 「麺市場」のブログ
「下松☆net」


                              ばく土偶浮き
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。