最近気になる事などなど・・・・・・
  • 03«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »05
--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014年03月20日 (木) | Edit |
           16436、
以前、「桜ひよ子」を食べた事がありますが、今回 狙いを定めた 「季(とき)ひよ子」は
福岡県の直営店限定、あんこの原料に 福岡産あまおうを使った 「苺ひよ子」です (^^)

コノ日は会社が終わってスグにネコと合流、閉店時間を気にしながら小倉まで走ります
着いた時にはマダ開いていましたが、ネコが お店を出るとシャッターが閉まりました (^^;)

    16437  16438
苺ひよ子 1050円(7個入り)、一部先行販売店を除いて、福岡県内の直営店でのみ
2013年12月13日~2014年1月13日頃までの、1ヵ月限定販売商品だそうです♪ (^^)

コノ「苺ひよ子」は、“苺入り白あん”ですが、他にも 春限定の「桜ひよ子(桜あん)」や
夏限定の「茶ひよ子(抹茶入り白あん)」、秋限定の「栗ひよ子(栗あん)」等が存在して
皮の生地にも細かい差別化がなされていて、あんこに合うように工夫されています (^^)

    16439  16440
イツモは オシリから食べるか? 頭から食べるか? で、モメにモメル ひよ子なんですが
コノ日は 中を写すため、残酷にも 袈裟懸けにバッサリいってしまいました ヾ(;´▽`A``
ノーマルの黄身餡 とはマッタク違う、ピンクというか、紫がかった綺麗な色合いです♪

確かに苺の香りがするんですが、桜のように香りが強くないので、ユックリ食べないと
香りが分からず「普通のひよ子」のように 感じてしまうかもしれません (⌒◇⌒;) アハハッ
“利き酒”の時のように、口中の空気を鼻から抜いて、ほのかな香りを楽しみました♪


ひよ子本舗 『吉野堂』・門司店
住所:福岡県北九州市門司区柳町1丁目9-32
℡:093-382-1272
営業時間:09:00~18:00
定休日:不定休
駐車場:無
ひよ子本舗 『吉野堂 』・HP

                              ばく土偶浮き

2014年03月03日 (月) | Edit |
           16483、  
今年の お餅は、お雑煮用の白餅のほかに、『藤田弦月堂』で、あん餅も購入しました♪
お餅も作って おられるとは、マッタク知りませんでしたが、アル筋(笑)から 情報を入手
おはぎと同じように、コシあんとツブあんが有るので、ネコは大喜びです (* ̄∇ ̄*) ニィ

    16485  16486
あん餅(つぶあん・こしあん)各80円、肌理がスベスベ細かく メッチャ綺麗な お餅です♪
ズッシリ重くて食べ応えは十分♪ こしあんの お餅って ゆ~のは珍しいのかな? (^^?)
ネコばく的には、メッタに見ない種類なので、嫌がうえにもテンションが上がります (^┰^)

    16490  16487
(左)すまし汁粉(仮称)、コレは ばくの創作ですが、探せば ドコカに有るのかも?(笑)
水に砂糖と少量の塩を入れて煮立たせた後、お餅と黒豆の煮汁を少し加えて更に加熱

お餅が軟らかくなったら お椀に取って黒豆をあしらう、と いう 実に簡単な作り方ですが
“俗に言う” 汁粉(こしあん)と、ぜんざい(つぶあん)を、一緒に作れるのが便利です (^^)

(右)四国・主に香川地方で 作られているという、「あん餅雑煮」を作ってみました (^┰^)
以前から、コノあん餅雑煮の存在は知っていましたが、当然食べる勇気がない(笑)ので
ズゥ~っと気になりながら、数十年引っ張って来た オッカナビックリの一品です ( ̄ー ̄;)

    16488  16489  
上の写真は、お雑煮の具材を乗せる前の写真ですが、カットモデル(笑)はサスガに不気味
白味噌で作るという話を聞いていましたが、最初からハードルを高くするのはアレなので(笑)
普通通り、カツオ出汁メインで作ってみたところ・・・コレってナカナカいけました (=⌒ー⌒=)b

考えてみれば、『資さんうどん』で うどんを食べながら ぼた餅を食べるかたも居られるので
組み合わせ的には、ソコまでオカシゲなものでは無いのかもしれませんね~ d(*⌒ー⌒*)

    16555  16556
(茶)利休まんじゅう 45円、いわゆる黒糖饅頭ですが、宇部市に有る お店の利休饅頭と
比べると、体積では4~5倍は有ると思われる迫力系の 利休饅頭です ヾ(;´▽`A``アセアセ

味は黒糖がシッカリ効いていてメッチャ好み♪ 価格は45円と超ぉ~リーズナブルなので
手土産に持って行く場合でも、遠慮なく買える(笑)ので、先様にも喜ばれます♪ (^┰^)


(白)やぶれまんじゅう 45円、コチラは利休饅頭とは違って ツブあんです d(*⌒ー⌒*)
なので、ネコは利休饅頭派で ばくは やぶれ饅頭派、すみ分けもシッカリ出来ています♪

コレもズッシリ重い 重量級の お饅頭で、アンコは惜し気も無くタップリ使われています
ソコまで “破れて”はいません(笑)が、アンコが多いので皮の存在は有り難いです (^┰^)

    16557  16558
赤飯(価格は不明)、偶然 同じ時期にネコ友から頂いたので、一緒にアップしました (^^)
小豆の香りが良く、もち米が文字通りモッチリしていて 食感がメッチャ好み (=⌒ー⌒=)b

赤飯がアマリ好きではないネコも、一口食べて「コレ♪美味しいね~♪ (* ̄∇ ̄*) ニィ」
と、小さめの お椀に軽く一杯分ほどの量を、ササッと完食させる実力派でした♪ (^┰^)



                              ばく土偶浮き
2014年01月18日 (土) | Edit |
           16327、
最近、土曜日でも売り切れか、臨時休業にあたってしまって 買えず仕舞いだった
“のぶさん”(『拝啓陳者』)が、コノ日は開いていたので、突撃しました d(*⌒ー⌒*)

「おばちゃん 白のこってる? (=⌒ー⌒=)b」 「ごめ~ん 今日は もう無いんよ(^^;)」
と・・・いうわけ(笑)で、白は売り切れのため、残念ながら黒だけ購入です (><;)

    16329  16330
大判焼き 100円、ギッシリ詰まった “アンコのカタマリ”の迫力は、ネコばくが知るかぎり
最多量のアンコを使っている大判焼きで、価格も100円と安価な設定です (=⌒ー⌒=)b

皮が薄いため、上から見るとアンコの種類が色で判別できるので、「白・黒」の表示は
ホトンド必要ないのも、コチラの大きな特徴の 一つになっていると思います♪ (^┰^)

    16331  10868
自立する厚みから、持った時の重量感が想像できると思いますが、オソラク実際持つと
予想を上回る重量感と、一口目に開ける自分の口の大きさに 驚愕されると思います(笑)

右の写真は 以前撮ってアップしたモノなんですが、白アンはコンナ感じです d(*⌒ー⌒*)
トロットロでクリ~ミ~♪な 白アンは、今まで何人もの黒アン派の かたを改宗(笑)させた
実績と実力を持つ、ばくの “飛び道具”の一つになっている、焼き饅頭です (=⌒ー⌒=)b


                              ばく土偶浮き
2013年11月24日 (日) | Edit |
           16069、
バニラさんから「『御堀堂』の生外郎の工場直送バージョンが来るぅ~~♪ (;@.@)9」
と、いう情報を頂いた直後、早速「食べ比べ計画」が発動されました♪o(^^o)(o^^)o
物産展の「工場直送バージョン」と、大丸地下の「ノーマルバージョン」の食べ比べです♪

    16070  16071
実は前日の夜、一度敵情偵察(笑)に伺って、色々と下調べをしていました♪ (^┰^)

モチロンその時は既に売り切れでしたが、「モシ有っても今日は買わないで明日来る」
と、いうのが、ネコが最初っから立てていた計画だったそうで、買う前に お店のかたと
色々話をして “食べ比べの方針”を練るための、事前訪問(笑) だったんだそうです♪

    16072  16075
開店直後の できるだけ早い時間に伺って、「白(小豆)」・「抹茶」・「黒糖」をGET (^^)
返す刀で地下の『御堀堂』へ直行(笑)、通常バージョンの生外郎を購入しました(^┰^)

(大)工場直送 生外郎 180円(通常 200円)と、地下で買った 生外郎(小) 105円
とっとと、ネタをバラしてしまいますが、大きさは違ってもコノ2つは同じ物です♪ (^^)

前日に作って発送したモノを 翌日販売しているのが、地下でも買える通常の「生外郎」
その日の朝作ったモノを 当日販売しているのが、「工場直送 生外郎」というワケです♪

    16074  16076
見た目の柔軟度(笑)の違いは、大きさが違うので無視してくださいマセ (=⌒ー⌒=)b
大きさは共に(小)を4等分くらいに切って、マズ普通の「生外郎(白)」からいってみます

歯でホールドして、2/3程度 口中へオーバーハング(笑)させても変化はありません
ソコから噛んでいくと、噛み切れる寸前アタリで、外郎が舌先に“当たって”きました♪

賞味期限は2日間なので、次の日も大丈夫なのですが、モシ次の日に食べたとしたら
軟らかさ的には、カナリ!コンディションが悪くなる事が容易に想像できました (^^;)

    16077  16073
お次は「工場直送 生外郎」です (=⌒ー⌒=)b ※写真の外郎は両方とも 「黒糖」です♪

大きさ(長さ)的にも大きい(長い)ので、当然のようにフルフル度がハンパ無いのですが
同じくらいの大きさに切って比較してみても、ソノ差は予想以上に歴然としていました♪

ノーマルと同じように咥えたのですが、ホールドした状態で歯にテンション(笑)を感じます
その後噛んでいこうとした時点で、外郎が舌先にテロォ~ンと“落ちて”きました (@_@;)

舌と上あごで押し潰すのも容易で、「噛むと溶ける」と いった表現が適切だと思います♪
コレって、本店に朝一で伺ったら、同じモノが買えるんでしょうか?気になります (^┰^)


                              ばく土偶浮き

2013年11月19日 (火) | Edit |
           15694、
秋の彼岸の入日、昼間の仕事中 ネコが丁度 近くに お使い案件(?)が できたそうで
ココゾとばかりに、『藤田弦月堂』に “おはぎ”を買いに行ってくれてました (=⌒ー⌒=)b

ばくが帰ってから、お土産(お裾分け)を持って 色々回ったんですが、下関駅方面に
行く途中、「月」・「観覧車」・「関門橋」が一枚に収まる構図を見つけてパシャリ♪ (^^)
コノ観覧車、綺麗なのか?景色に風情が無くなったのか? 非常に微妙な存在です(笑)

    15695  15696
おはぎ 300円/6個、配り終わって家に帰り、冷たい麦茶で おはぎを頂きます (* ̄∇ ̄*)
一番下のを残したので、重さで凹んで おはぎにパックのフタの跡がついていました(笑)

前回は「牡丹餅」の時期(春の お彼岸)だったので、半年ぶりの 文字通りの「御萩」です♪
「夜船」や「北窓」の時期にも有れば良いのですが、ソコは残念ながら “お彼岸”のみ (^^;)
再会(笑)を祝して、激旨「おはぎ」を シッカリ味わわせて頂きました♪ ( ̄¬ ̄=)ジュルッ



                              ばく土偶浮き
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。