最近気になる事などなど・・・・・・
  • 10«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »12
--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014年04月24日 (木) | Edit |
           17024、
TVで観た お目当ての お店に行くも、休業日(不定休のお店です)で、あえなく玉砕...orz
リザーブ店を決めてなかったので、途方に暮れていると「アレ!新装開店って書いてある」
と、いうネコの声に、行きがけの駄賃で ナンの お店か?だけでも確認に行ってみると・・・

    17026  17025 
ナントなんと!コノ日に開店したばかりの ラーメン店では ありませんかっ! (@_@;) 
長いコト色んなお店のOPEN日に伺ってきましたが、コンナOPEN日 初訪問は初めて(笑)
コレも何かの縁なのと、「2日間半額」につられて伺う事に、即っ!決定しました♪ (^┰^)

    17029  17030
“スープ茶漬け”に できる、お茶漬け用のライスが付いたセット物を 薦められたので
ネコはアッサリ系の「黄金 生 ラーメン(醤油)スープ茶漬けセット 850円→425円」♪
ちなみに このメニュー・・・ラーメン単品は 650円と いう設定になっています d(*⌒ー⌒*)

ナントナク 尾道ラーメンを連想させるルックスですが、麺はチョイ縮れた中太麺 (^^)
モチッとした食べ応えのある麺で、麺ディション(笑)はカナリ好み (= ̄π ̄=) チュルチュル
軟らかいのに、シッカリ肉感があるチャーシューは、ジューシさも持ち合わせています♪

出汁がシッカリ効いた。ポッテリした味わいの醤油スープは 旨みが凝縮しています♪
背脂の存在が邪魔に成るかと思いましたが、思いのほかコクが増して香りも良い (^^)
豚・鶏・魚介の濃厚系醤油ラーメンで、好み度はカナリ上位に位置します d(*⌒ー⌒*)

    17027  17028
ばくは「赤鬼 生 ラーメン(味噌)煮たまご乗せ ごはんセット 900円→450円」です (^^)
コノ メニューはラーメン単品は 700円、醤油ラーメンとは額面通り50円高い設定です♪

他には「青鬼 生 ラーメン(グリーンカレー) 炙りチーズライスセット 950円」がありました
蛇足ですが、グリーンカレー・ラーメンは ラーメン単品だと 750円、と いう設定です (^^)

スープは弱粘度を感じるくらい “濃い”イメージですが、飲み口はアッサリ・スッキリ♪
ばく的に 今までの味噌ラーメンの中では、TOPクラスの味噌ラーメンです d(*⌒ー⌒*)

麺は見た目 醤油と違う感じですが、スープの色が絡んでいるだけで、同じだと思います
ちなみに・・・コチラの麺は 特注麺です (=⌒ー⌒=)b ソウ聞くと不思議なコトにスープに
メッチャ!合っている気がするように感じるのは、ネコばくだけでは ないと思います(笑)

    17031  17033
黄金 生 ラーメンのスープ茶漬け、デフォルトでは 見た目がチョットばかり寂しいのと
ネギがトッ散らかってるので、アクセントを付けるため、煮玉子を1/2乗っけてみました♪

ワサビが添えられているので、醤油の風味が激変して 2度目の美味しさが押し寄せます
醤油とワサビの相性が良いのは周知の事実(笑)、当然 予想していましたが ソノ予想を
はるかに上回る美味しさのスープ茶漬けでした♪ が・・・チョットヌルイのが重箱の隅です

    17032  17034
赤鬼 生 ラーメン 煮たまご乗せのスープ茶漬け、玉子の黄色が綺麗でネギの配列も良い
ネコに玉子を半分渡した後でも、違和感や物足りなさを感じないルックス♪ (=⌒ー⌒=)b

こ~言っちゃぁナンですが、日頃から “なんちゃって・・・”を 作り慣れている ばくのほうが
ネコより綺麗に盛っていると思います(笑) 麺が美味しいスープはライスもンまいのは当然
例にもれず、コチラのスープ茶漬けも ネコマンマ的旨さ(笑)を 十分楽しめました♪ (^^)

    17035  17036
スープの温度が若干低めだったのが、唯一気になった点だったので 会計時 お店のかたと
お話する機会が有ったので、ソノ旨を伝えましたが、コチラが恐縮するほど真摯な対応でした

色々とお話を聞いたトコロ、元は“夜専で鶏料理メイン”(?)の、呑み屋さんだった お店が
ソノ、スープ作りのノウハウを使って、お昼にラーメンを はじめられたようです d(*⌒ー⌒*)
セコい ネコばくにはチョット高めの価格設定ですが、再訪は確実な お店が出来ました (^^)


旬工房 『くら』
住所:福岡県北九州市小倉北区米町1-3-10
℡:093-551-0466
営業時間:11:30~15:00(ランチ)/18:00~24:00(ディナー)
定休日:無休
駐車場:無

                              ばく土偶浮き
関連記事

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。