最近気になる事などなど・・・・・・
  • 05«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »07
--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014年02月24日 (月) | Edit |
           16340、
ご当地の名物が大集合!「東北六県の物産展」と、銘うたれた 「下関大丸」の物産展♪

ネコがイートコーナーで 親子丼を食べている 目の前で ばくはラーメンです (=⌒ー⌒=)b
こ~ゆ~場所では、ラーメン全体は お店よりアンダーコンディション(笑)だと思いますが
今回のように、別の お店が混在している場合、プラス要因のほうが強いです (* ̄∇ ̄*)

    16343  16344
創業は昭和29年、「蔵の街」と言われている “喜多方”で、昔懐かしい中華そばの味を
守り続けています
という紹介文が、写真を見るだけでも納得できるような、見事なまで
“中華そば”然としたルックスに、思いっきり食欲がソソラレる ばくでした ( ̄¬ ̄=)ジュルッ

    16346  16347
喜多方ラーメン 700円、チャーシューメンは 850円でしたが、チャーシューが好みじゃ
なかったら 目も当てられない(笑)ので コレにしましたが、ヨミは当たったようです(笑)
サクサクした脂と、ゴムゴムした赤身の部分のマトマリが悪いのが好みではありません

スープはルックス通りの、アッサリ・スッキリしたスープで 旨みが凝縮されていました♪
醤油の甘みが際立っていて、イツまでも飲んでいたくなるような 心地良さが有ります (^^)
こ~ゆ~感じの醤油スープは、下関では 『蘭風』が一番近いような気がします (=⌒ー⌒=)
 
    16348  16349
モッチリした縮れた平打ちの太麺は、ノビ知らずで最後まで い~麺ディション(笑)です
山口県でこ~ゆ~食感を体験する事ができるお店は、ホンのゴク一部の お店です (^^)
スープをシッカリ持ち上げてくれて、口の中で醤油と 小麦の良い香りが合わさります♪

両方が主張しながらも、お互いを引き立てるような構成は “見事”としか言いようがなく
トッピングが邪魔に感じるような、美味しい麺とスープのコラボを堪能しました (=⌒ー⌒=)
気が付けば アッという間に 干食(笑)している自分に驚くやら呆れるやら・・・(^┰^)デス

    16350  16341
テーブル常備品はコショウと一味唐辛子ですが、屋号(『まるや』)が書かれているのが
コショウだけなので、一味唐辛子は 親子丼(『秋田比内や』)用 なんだと思われます♪

丼には屋号が確認できるので、お店から持って来られたモノ♪ 柄の色合いも鮮やかで
今回の物産展出店にあたって、新調されたのかも? と、思ってしまうような綺麗さでした

今回、こ~ゆ~感じで 違ったモノを同じ場所で食べられる、いわゆる“コラボ出店”(笑)は
ネコばく的には、メッチャ!ありがたい♪ コレからもこ~ゆ~のを希望します (* ̄∇ ̄*)



喜多方老麺 『まるや』
住所:福島県喜多方市字寺南2628
℡/FAX:0241-22-0613/0241-24-4328
営業時間:11:00~15:00/17:00~19:00(スープがなくなり次第終了)
定休日:火曜日
駐車場:有
喜多方 「老麺会」・サイト


                              ばく土偶浮き
関連記事

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。