最近気になる事などなど・・・・・・
  • 03«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »05
--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013年11月11日 (月) | Edit |
           16034、
11月9日(土) 下関 『三久』(『三久』・川中店)の後にOPENされた 『春吉』に伺いました
最近はアマリOPEN日に伺う事が多くないのですが、開店前情報からカナリ 興味津々♪

福岡の中洲で 7年間営業した居酒屋を閉め、満を持して 下関でラーメン屋さんを開店
という 文言から、どぉ~しても 早く行きたくて、ネコを急かしての初日訪問です (^m^)

    16035  16037
伺ったのは11:40頃・・・既に待ちのお客さんが5~6組居られたので、入り口方向からの
写真撮影はあきらめて、人が写らない側面(笑)からの店舗画像にシフトチェンジ (^┰^)
入り口付近を見ると、『楽』からも お祝いが届いていましたが、何か関係があるのかな?

カウンターのみの店内は、厨房が狭いのか?オペレーションが マダ上手く回っておらず
スタッフさん3名と 作り手の大将は、マサに “テンテコマイ”という感じでした ( ̄ー ̄;)

    16039  16040
炒飯 500円、偶然なのか?引き継がれたのか? 『三久』時代と同じお皿でした (^^)
鍋の煽りはカナリ!豪快で、迫力から来る期待感は、ハンパ無いものがありましたが
とても500円とは思えない、ビックリするくらいのボリュームの無さでした (@_@;)エ?

味はカナリ濃い目で水分が多く、シットリと言うまでには モウ一歩くらいの食感でした
ネコが気付いたのですが、OPEN時の混雑を予想してか? 8割がた作り置いた炒飯を
注文を受けてから仕上げる、という手法を取られていたのが要因かもしれません (^^;)

    16041  16042
ラーメン 580円、見ていると、マズはラードが大さじ1杯分入り、次に元ダレが入った後
スープは濾すコト無く丼に注がれています、店内に豚骨臭がアマリ無い事が示すように
粘度はホトンド無く、ラード由来の脂感がメインのサラァ~っとした、薄味系のスープです

チャーシューはスープと同様に薄味系なので、アクセントにならないのが 残念でしたが
軟らかくて脂身が い~感じでトロケる好みのタイプ、モヤシは “チョイ”軟らかめですが
水っぽくなくて美味しく頂けました♪ メンマは 竹の子の煮物っぽい 柔らかいタイプです

    16043  16038  
麺はテボを使って茹でられています、オリジナルとの事なのでキット特注麺だと思います
硬麺指定したのですが、先に上がる事も無く他のかたのと同時に配膳されました (^^;)
麺ディション(笑)は ユルユルのヤワヤワで、小麦の香りは弱いです ヾ(;´▽`A``アセアセ

厨房側からは見えるように、各席のカウンターの裏に番号が振ってあるようなのですが
配膳時に「○番のかた」と、言われても、コッチからは 自分が何番か分かりません(笑)
このアタリは スグに改善される思いますので、再訪する時が楽しみです♪ (=⌒ー⌒=)b


ラーメン 『春吉』(はるよし)
住所:山口県下関市伊倉町2-1-3
℡:083-254-3980
営業時間:11:00~14:00(O/S)/17:00~なくなり次第終了
定休日:不定休
駐車場:有(5台分/駐車枠番号:22・23・24・30・31)


                              ばく土偶浮き
関連記事

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。