最近気になる事などなど・・・・・・
  • 03«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »05
--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013年02月16日 (土) | Edit |
           13949、
ネコばくのフレンドさんから、「島根に行ったんで・・・」と、お土産が届きました (^m^)
名前は出せないですが、ココでは以前「太鼓谷マイスター」で登場してもらった人です♪
カナリ!アクティブなグルマー(笑)で、最近は富に 東奔西走されています (=⌒ー⌒=)b

    13950  13951
ナンでも “太鼓谷さん”(笑)が、一番お気に入りの 和菓子店のお菓子なんだそうです
特に源氏巻が美味しいそうで、源氏巻好きのネコばくに 買って来て下さいました (^^)

早速 包装を開けて、中のお菓子をズラァ~っと並べてみて、改めて思ったんですが・・・
コレって、1人のかた から頂く “お土産”の量では ないような気がします ( ̄ー ̄;) スゲ

    13954  13952
「源氏巻」は、以前 食べ比べをした時には、「道の駅」に置いてなかった お店のです♪
他の源氏巻の記憶が曖昧なので、ハッキリ違いは分かりませんが、甘さが控えめで
皮の感じは、(最近食べた)『竹風軒』に次ぐ シットリ感で 好みでした♪ (=⌒ー⌒=)b

「鯉の里」は、チョイ“昔羊羹”っぽい感じで 外側のシャリシャリした食感が楽し羊羹
歯が浮くほど甘い お菓子(笑)ですが、抹茶の お茶請けにはモッテコイだと思います♪

    13953  13955
「鴎外」は、松露饅頭系の プクッと可愛い 濃厚な抹茶あんの お饅頭です (=⌒ー⌒=)b
カナリの抹茶度なので、お茶と併せるとワケが分からなるため、牛乳で頂きました (^┰^)

「外郎」は、後で分かったんですが 『たまや』という お店の お菓子でした (⌒◇⌒;) アハハッ
“山口系外郎”(笑)の、プルンプルンした触感で、小豆や抹茶の香りが良い外郎です♪


和菓子処 『三松堂』・津和野本店
住所:島根県鹿足郡津和野町森村ハ19-5
℡:0856-72-0174
営業時間:08:00~18:00
定休日:未確認
駐車場:未確認
和菓子処 『三松堂』・HP


菓舗 『たまや』
住所:山口県阿武郡阿東町地福上2304
℡:083-952-0312
営業時間:08:00~17:00
定休日:水曜・日曜日
駐車場:未確認
『たまや』・HP


                              ばく土偶浮き
関連記事

コメント
この記事へのコメント
ネコさんばくさんへ
三松堂さんの和菓子は如何でした?通販でよくある(あくまでも太鼓谷さん個人の感想です)なので、苦情は受け付けません(笑)

今日、山口の吟に行ったのですが、ネコさんばくさんのブログを先にチェックしてから訪麺すれば、良かったです。油そばが美味しいそうですね♪次回は油そばを頂きたいと思います。(*^O^*)
2013/02/18(月) | URL | 太鼓谷ですって(笑) #-[ 編集]
太鼓谷さんへ(^m^)
そのせつは、お世話になりました m(_ _)m
みんな大変 美味しく頂きました (=⌒ー⌒=)

コレだけの種類を一度に食べる事ができると
色ぉ~んな発見があったりして楽しいですね~♪


好みは人ソレゾレなんですが・・・
私ら的には、『吟』は油そばが1番美味しいと思います♪

麺にHOTとCOLDがあったりするのですが
「COLD」の「温玉仕様」で「ネギ多め」が好きです (^^)

下関からだと遠いのと、今もやってるか不明ですが
月曜日はメンズデーといって、夜は食べ放題があったりして
“食べれる人”には、お得なサービスが設定されています(^^)

マダサービスが継続されていて、機会があったら
食べ比べに挑戦されてみてはいかがでしょう? (^m^)
2013/02/18(月) | URL | ばく #zebrr4MM[ 編集]
外郎比べ
パン屋でございます。

外郎で思い出しましたが、かつて大学に通っていた頃にはるばる京都から山口に来た同期生がおり、その方と親交を持ってしばらくの後に「外郎の食べ比べをしよう」という運びとなり、それぞれ外郎で名を馳せる名古屋、京都、山口の三つ巴戦が始まりました。

しかし、あろうことかその同期生をして「これがいい」とする意見が飛び出し、私を含めて外郎比べに参加した7人前後も同じく満場一致の意見を導き出し、山口の外郎が票を独占する完全勝利という形で幕を閉じました。

それもそのはず、山口の外郎は米粉や小麦粉ではなくわらび粉で作るために口当たりの滑らかさは他の追随を許さず、その食感を殺さない漉し餡や抹茶などの混ぜ物の工夫、1人用の食べきりサイズがあちこちのスーパーで簡単に買える手軽さのどれもが菓子処たる京都出身者をも唸らせた、というわけです。

つまり、山口の外郎は他県の外郎から見れば極めて異端の存在でありながら、その味は菓子にうるさい京都府民ですら脱帽せざるを得ないという逸品なのです。
2013/02/20(水) | URL | パン屋 #./qA1Ad6[ 編集]
パン屋さんへ(^^)
ナンとナンと・・・
壮大な食べ比べ会ですね~ (@_@;)

ソレを学生時代に考え、実行する行動力に
メッチャ! 感服いたしました~ m(_ _)m

イツか、機会があったら
是非とも、真似っこさせて頂きたいと思います♪


今回、下関大丸で「京都展」が開催されたので
イツモ通り伺いましたが、京都の和菓子って
品の良い甘さで、美味しいですよね~♪ (=⌒ー⌒=)b
2013/02/21(木) | URL | ばく #zebrr4MM[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。