最近気になる事などなど・・・・・・
  • 09«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »11
--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012年10月25日 (木) | Edit |
           13390、
7月下旬にコチラの存在を知って伺ったところ、季節物のため 10/20から販売という事で
待つ事3ヶ月・・・ヤット “ソノ時期”が来たので、喜び勇んで伺いました♪ (=⌒ー⌒=)b
コチラのたい焼きは、俗に言う “養殖モノ”ではなく、“天然モノ”なんです (@_@;)オォォ~

    13392  13391
“天然モノ”と いうのは、たい焼き1匹につき 焼型が1個という形態の 焼き方のモノで
一度に10個程度焼ける “養殖モノ”に比べると、古典的な焼き方と言えると思います♪
ソノ分、焼型一つ一つに気を配らないといけないので、熟練を必要とするそうです (^^)

以前、コチラに取材に来た人から、おばちゃんが聞き込んだ話によると、コノ一丁焼きを
長年に渡って “継承”されているお店は、現在 全国に30軒程度しか残ってないんだとか?
チョット焦げ目が見えますが、コレがマタなんとも い~味を出しています♪ (=⌒ー⌒=)b

    13393  13394
たい焼き 150円/2個、一丁焼きなのにナンで2個単位なのか? 不思議なんですが・・・
今時 たい焼きが “1個75円”と、いう価格には、メッチャ!驚かされます (@_@;)ヤスイ!

よぉ~く見ると、焼加減の違いだけではなく、鯛の形が違うのが 数個紛れていました
口から背びれにかけての角度や、尾びれ・腹びれの形が微妙に異なっています (@_@;)
コレって、もしかしたら・・・オスとメス?(爆) なんとも面白い たい焼きです (=⌒ー⌒=)b

    13395  13396
皮はパリパリで、おせんべいのような食感、こ~ゆ~のは 冷めても美味しいタイプです♪
大きさは ヤヤ小ぶりで薄め、シッカリ身が締まっていて、養殖太りしていません (^┰^)
あんこの量は多くなく バランスは最高♪ で・・・アンコはナント!“こしあん”です (@_@;)

偶然ツブが無いところだったのかと思い、注視しましたが 小豆の粒は確認できません
記憶をズゥ~っと たどってみたのですが、こしあんの たい焼きは初めてだと思います (^^)
コリャ~!間違いなく、ハードリピートしそうな メッチャ好みの たい焼きです♪ ( ̄¬ ̄=)



『村竹商店』
住所:山口県下関市竹崎町3丁目1-11
℡:083-223-3604
営業時間:10:00~16:30(10月20日頃~5月末頃まで)
定休日:日曜・祝日
駐車場:無



                              ばく土偶浮き
関連記事

コメント
この記事へのコメント
今年こそは自分も食べてみたい。
いままで中々機会がなくて。

取材の記事はたぶんこれだと思います。
http://business.nikkeibp.co.jp/article/topics/20090730/201245/
不適切なら削除してください。(pass123)
2012/10/25(木) | URL | maruma #LkZag.iM[ 編集]
marumaさんへ(^^)
サイトの御紹介ありがとうございます m(_ _)m

興味深く拝見させて頂きました (=⌒ー⌒=)
おばちゃんに聞いた以上のワイルドさに感動です(笑)

日曜・祝日がお休みなのと、朝ユックリで夕方が早いため
ハードルが高いのですが、機会があれば是非狙ってみてください♪

最近の “アンコたっぷり”・・・とは一味違う
“古くて新しい食感”が、味わえると思います (^^)
2012/10/26(金) | URL | ばく #zebrr4MM[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。