最近気になる事などなど・・・・・・
  • 09«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »11
--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011年07月29日 (金) | Edit |
           9208、
ムギバヤさんのリクエストで、映画 「UDON」の撮影現場跡地に “初詣で”して(笑)
讃岐富士を見た後に伺ったのが、跡地から程ない場所にあるコチラ 『冨永』さんです♪
車が民家集落の中に突っ込んで行っても、もぉマッタク不安感はありません (^┰^)

    9209  9210
ところがトコロが・・・コチラは「民家の中に店舗」・・・ではなく「民家の中が店舗」でした(爆)
(右)の写真に写っている部分は、全て土足で移動するエリアになっています (@_@;)
敷物でもあれば抵抗感は薄らぐのですが、コノ状態だと犯罪者の気分が味わえます(笑)

    9213  9214 
ネコは かけうどん(小)あつあつ 180円、コノ状態で うどんを受け取って(お茶はセルフです)
席(座敷)に移動するのですが、座敷というだけあって 床の部分が畳になっています(笑)
ヤットコさ靴が脱げるシチュエーションに、ホッと一安心できるのは日本人ですね~ (^┰^)

フワフワした うどんの食感と、湯気と共に立ち上るダシの香りは 【あつあつ】ならではです♪
麺とツユの一体感は、冷たいのより温ったかいほうが上だと、再認識できました (=⌒ー⌒=)

    9215  9216
「しょうゆうどん」の存在に気付かなかった ばくは、かけうどん(小)ひやひや 180円です(笑)
ムニュムニュっとした 麺の食感と、冷めてもエグみが主張しないツユの相性も良い♪ (^^)

小皿に付いてくるショウガの香りが、コッチ(山口県)のより 強いような気がします (^^;)
味も辛めで、ツユの香りをスポイルさせてしまうオソレがあるので、マズ少量で試してから
お好みで 分量を増やしていかれる事をお勧めしたいと思う、ネコばくでした (=⌒ー⌒=)b

    9211  9212
【あつひや】(麺:熱/汁:冷)という呼び方は、カナリ前から浸透していると思いますが
【ひやあつ】(麺:冷/汁:熱)という呼び方は、アマリ馴染みがないような気がします (^^)

「一緒じゃん!」と、言いたくなりますが・・・早めに水で〆た麺を温ったかいツユで食べる
【ひやあつ】のほうが、麺の触感は良いと思いますし、ツユの香りも良いと思われます♪


うどん 『冨永』
住所:香川県丸亀市川西町北806-4
℡:0877-23-0446
営業時間:09:00~[火~土/14:00]、[日・祝/15:00]
定休日:月曜日(祝日の場合は営業)   
駐車場:有


                              ばく土偶浮き
関連記事

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。