最近気になる事などなど・・・・・・
  • 09«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »11
--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010年10月07日 (木) | Edit |
           7170、
ウォーキングで 『一麺』まで行った後、更に「門司港レトロ」まで歩いたのは良いけれど・・・
「もぉ歩いて帰れない~(><;)」と、ネコがギブアップ宣言 連絡艇で唐戸まで帰ります(爆)
カモンワーフ(アルカポート)に着いて、ナニやらデカデカと書かれている看板を見てみると
ナントお盆の特別価格で、巌流島往復切符が通常800円のところを半額の400円♪

    7173  7171
以前から巌流島に行った事が無いと訴えていた、ネコの希望を叶える絶好のチャンス (^┰^)
早速切符を買い求め、切符売り場の おねぇさんの指示通り1号桟橋から乗り込みます (^^)  

    7172  7174
他のお客さんが切符を出だすと、整理のおじさんが「コノ切符はアッチの船ですよ」と、一言
よくよく聞いてみると、1号桟橋と、2号桟橋の船(黄色い船)では運営する会社が違うようです

    7175  7176
カラトピアを出航します♪ 水族館のガラス面(笑)を遠くに見ながらの眺めは絶景でした♪
ガラス面に写り込んでいる、大画面の景色をみるのもナカナカ無いので良いものです (^^)

    7177  7178
門司港に行く時は海峡を横切りますが、今回は海峡に沿って下って行く格好になります (^^)
巌流島が近くになってくると、皆さん視線がソッチに移動します、勿論ネコばくもです (^m^)

    7179  7181  
帰りの時間を確認してパシャリ、無駄ショットっぽいですが確認が楽なので結構便利です♪
お盆特別便のためか?カナリ頻繁に行き来するように、時刻表が貼り換えてありました

    7185  7186
山口県下関市大字彦島字船島64が、巌流島(正式名は“舟島”)の所在地になるようです
そぉいえば、ネコのナビで“彦島の代表地点”を入力すると、ココ巌流島をポイントします(笑)

    7180  7182
巌流島の本来の大きさは現在の約1/6、船の形に似ていた事が名前(船島)の由来です
“巌流”は、佐々木小次郎の 剣の流派にちなんで付けられた俗称なんだそうです (^^)

    7183  7184
関門橋を挟んで左に“関門ゆめタワー”(写っていません)、右に“門司港レトロハイマート”
ツイさっきまで、右から左に移動したばかりなのに、今は真ん中に立っているのが不思議です

    7187  7188
小次郎や武蔵は、コンナ船でココまで来たのかな~? (@_@;) 流されそうですね (^^;)
決闘の古伝が、巻物をモチーフした碑文に書かれています。読むだけありますよ~ (^┰^)

    7189  7190
いよいよ島を離れて唐戸に向かいます、真正面には見慣れない形の関門橋が見えます(笑)
「コンナ位置から関門橋を見るのは初めて♪ (*⌒ー⌒*)」と、大喜びのネコにゃんでした♪

    7191  7192
「の~んびりした船の移動もタマには良いモンだね~♪(^^)」 と、話しているうちに
船は唐戸に帰ってきました、プチ旅行をシッカリ堪能したネコばくでした♪ (=⌒ー⌒=)



                              ばく土偶浮き

関連記事

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。