最近気になる事などなど・・・・・・
  • 10«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »11
--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013年10月10日 (木) | Edit |
           15399、
『桃太郎』のお膝元地区から、長府に移転した元・「竹崎店」に、お初の訪問です (^^)
コノ日はメッチャ!!暑い日だったので、うどんは無しの 冷たいオヤツ狙いで伺いました

『桃太郎』に来て “うどん無し”というのは、ナカナカ勇気が要る行為(笑)と思いますが
うどんは お気に入りの お店があるので、アマリ後ろ髪を引かれる事はありません (^┰^)

    15400  15401
竹崎時代のメニューと比べてみると、メニュー表のほうは ホトンド変わりは有りませんが
「山かけうどん」がカナリ目を引きます(笑) 壁に目をやると ぶっかけ&おかめうどん
『桃太郎』では反則業とも思える、ざる系&そばが、ラインナップされていました♪ (^^)

    15406  15407
黒蜜きなこアイス 200円、ネーミング通りアイスにきな粉がかかったモノに黒蜜をかけて
頂く和洋折衷の氷菓子ですが、ネコばくの生活圏内でコレ系のメニューをコレだけ安価で
食べさせてくれる お店は、一体何軒あるコトか? 量はソコソコですが お値打ちです♪

きな粉をかけただけでは、せっかくのアイスクリームは ボッソボソになってしまいますが
黒蜜をかけると、全体的に一体感が出て美味しく頂ける事は言うまでもありません (^^)
こ~ゆ~甘味が食べたくなった時には、イの一番(笑)に候補に挙がりそうです♪ (^┰^)

    15408  15409
かき氷(みぞれ)レギュラーサイズ 250円、レギュラーサイズですが ルックスは 山ぁ~♪
『桃太郎』では、イチゴだミルクだ抹茶だと、色々なシロップの かき氷を食べてきましたが
スッキリしていて、匂いが原因で甘さが後を引きにくい「みぞれ」が一番好みです♪ (^^)

なので、お初のコチラでも 「みぞれ」を選択しましたが、ヤッパ!ンまい ( ̄¬ ̄=)ジュルッ
氷はフワフワの中に、トコロどころシャリシャリしたのが存在するのが残念ではありますが
ソコラ辺りで購入する、カップ氷とは 比べモノにならない舌触りと、お値打ち感です (^^)

    15403  15405
「お持ち帰り」は他店にも有りますが、「お土産コーナー」が有るのはコチラだけ♪ (^^)
長府は観光地でありながら、チョコ買いが出来る お店も多いので、コレは狙い目です

色んなお店に寄って、好みのものを色々買って、一箇所にワサァ~っと広げて食べる
と、いう 超ぉ~贅沢な、チョコチョコ食べが出来るかもしれませんね~♪ (=⌒ー⌒=)b



うどんや 『桃太郎』・長府店
住所:山口県下関市長府土居の内町1-(7?)
℡:083-245-0111
営業期間:10:00~19:00
定休日:水曜日(祝日の場合は木曜日)
駐車場:無(近くに有料駐車場 有)


                              ばく土偶浮き
スポンサーサイト
2013年06月14日 (金) | Edit |
           14554、
関っ子のソウルフードと言えば、トップクラスに位置するのが『桃太郎』の 天ぷらうどん♪
“変わらない味”と、言われていますが、ヤハリ時代とともにジワジワ変化しています(笑)

ソノ “変化”が 極端に少ないのが、コチラの 『桃太郎』・山の田店だと認識しています♪
ばく的には「三日月湖」と 表現したくなる、往時の味を髣髴とさせてくれる お店です (^^)

    14555  14556
天ぷらうどん 360円、『桃太郎』の基本的なうどんがコレ♪ 「一杯下さい (^^)」と、言うと
黙って “天ぷらうどん”が出て来ますし、 注文を通す時も「いっぱぁ~い♪」で通されます

ツユの色は淡く、透明度があるメッチャ澄んだツユで、メッチャ!スッキリしたツユです♪
醤油の効きはソコソコですが、出汁がシッカリ効いていて、味的には薄く感じません (^^)

    14557  14558
ばくもモチロン 天ぷらうどん 360円、パリパリの天ぷらはルックスこそ各店舗 共通ですが
製法(材料)は若干違っているようです♪ (=⌒ー⌒=)b 特に天ぷらの中央にあるエビが
コチラのはサクサク・シャコシャコ(笑) ナントナク歯に障るニシニシした感じはありません

コノ部分も “古の製法”を、継承しているからに他ありませんが、とにかく食感が良い♪
ツユを吸い込む時間もヤヤ遅く、パリパリの食感を長時間楽しむ事ができます d(*⌒ー⌒*)

    14559  14560
ミルクセーキ 350円、俗に言う 「おかわりミルク(セーキ)」というヤツです♪ d(*⌒ー⌒*)
数年前までコノ ミルクセーキは、天ぷらうどんより 高価(10円)なメニューでした (^┰^)

うどんがワリと軽めなので、食後のデザート代わりに食べても い~感じ♪ (=⌒ー⌒=)b
二人で行って うどん一杯づつに、コレを半分っコってゆ~のも よく見る光景です♪ (^^)

    14561  14562
氷ぜんざい 350円、“和”が好きな ばくは、ミルクセーキよりコチラの ほうが好み♪ (^^)
甘そうに見えますが、その実・・・ミルクセーキのほうが断然 甘みが強いです (=⌒ー⌒=)b

小豆の良い香りが、ひかえめな甘さを強力にサポートしているのも、業前と言えますね~♪
「甘いのは苦手だけど、アイスくらいなら・・・」と、いうかたには、丁度良いかもです (^^)

    14563  14564
丼は各店共通の屋号入り丼ですが、ミルクセーキ(氷ぜんざい)の器は違いがあります♪
本店の器とスプーンより、コチラ(山の田店)の食器のほうが食べやすいです d(*⌒ー⌒*)

うどんはコチラ(山の田店)、ミルクセーキと氷ぜんざいは “できれば”コチラ(山の田店)
かき氷は 唐戸本店で決まりそうな、ネコばくなのでした♪ d(*⌒ー⌒*) (=⌒ー⌒=)b




                              ばく土偶浮き
2013年03月02日 (土) | Edit |
           14025、
“オールドスタイル『桃太郎』”を 味わおうと、 『桃太郎』・山の田店に伺います♪ (^^)
コチラのお店は ツユが濁ることを嫌った先代の頃からの、イワユル “暖簾わけ”だそうで

当時の教えをカタクナに守っておられるのと同時に、ばく的には “三日月湖”的な存在で
「本流に流されず、原種が生き残っている」と でも言えば良いのか? ソンナお店です♪

    14026  14027
他店(カラトコア店営業時も含めて)と比べて、メニューの数が圧倒的に少ないのが特徴で
うどんの種類は5種類、しかもソノ5種類目の “かやくうどん”は、マダ歴史が浅い一品です

『桃太郎』は元々 醤油の効きが控えめなツユですが、コチラのは特にソノ傾向が強いため
人によっては「味が薄い」と 感じるかたも居るじゃないか? と、思われる感じのツユです
んがっ! ソノ分 出汁の効きと、天ぷらのエビの移り香を 楽しむ事が出来ると思います♪

    14028  14029
天ぷらうどん 360円、エビがシャコシャコ・サクサクした 他店には無い食感が特徴 (^^)
他店のは ニシニシした感じの、チョットばかりシワイ(笑)食感なので、圧倒的にコチラの
天ぷらが好み♪ ツユの吸い足(笑)も 遅く、パリパリの持続時間が長いもの好みです♪

エッジが確認される 平打ちっぽい形状の麺は、茹で加減が長いと楕円形っぽくなるので
そ~ゆ~時は、あまりシャベらず “麺すすり”(笑)に集中したほうが得策かも? (^┰^)
まぁ、そういう麺ディション(笑)も、“重箱の隅”的 ご愛嬌なんですけどね♪ (* ̄∇ ̄*) ニィ

       14030     14031
ミルクセーキ 350円、コレも本店等と比べて、味と食感が異なる仕上がりになっています♪
玉子のあまぁ~い香りと、舌の上でサラッと溶ける食感は、ネコばく的にコチラが1番 (^^)

レトロ感漂うグラスとスプーンも、い~感じで “昭和”しているのも好みです♪ d(*⌒ー⌒*)
特に このスプーンは、柄が長く 頭の部分がユルくオフセットしてるパフェスプーンなので
ミルクセーキをすくうのに、ストレスを感じない スグレモノなのも好印象です (=⌒ー⌒=)b


                              ばく土偶浮き

2012年12月07日 (金) | Edit |
           13306、
コノ日は『桃太郎』気分だったので、久しぶりに 竹崎店に伺いました♪ (=⌒ー⌒=)b
駐車場が無いのは唐戸本店も同じなんですが、コチラは駐車券を持って行くと一律で
駐車料(100円)を負担して頂けます、しかも ナント! 後日でも良いそうです (@_@;)

    13307  13308
店先には アノ “ファイト一発”的 屋号のお店のような、赤いバケツが置いてあります(笑)
看板には「桃太郎竹崎店」ではなく、ナゼか?「桃太郎支店」と書かれています (^^?)
各支店で使用可能な看板かと思いましたが、電話番号は竹崎店のもの・・・ナゾです(笑)

    13311  13312
天ぷらうどん 360円、出汁感は強いんですが、濃くて塩辛い方向のツユでした (^^;)
化調が多いと こうなるんじゃないか?と、思われる『桃太郎』らしからぬ味です (^^;)
このツユが影響してか? コノ日はナントナク箸の進みが悪いネコでした ヾ(;´▽`A``アセアセ

    13309  13310
コチラ(竹崎店)には、他店には設定の無い 「大盛(+100円)」があります (=⌒ー⌒=)
ご飯モノではなく、うどんをガッツリ食べたいモードの時には メッチャ助かります (^^)
歴史を守りながら、支店は支店で い~感じに進化しているのは 良い事ですね♪ (^^)

    13313  13314
天ぷらうどん 360円、ばくのはエビが扇の真ん中に位置するタイプの天ぷらでした♪
周りをパリパリ食べて、デフォルトのツユを味わったあと、ツユにエビの香りを移すには
ネコのタイプの 天ぷらのほうが向いているんですが、めぐり合わせも時の運です (^┰^)

今回のツユは、ネコばく的にはチョット残念な感じでしたが、こ~ゆ~ブレもマタ をかし♪
次回はイツモの アッサリ・スッキリした好みのツユだったら良いなぁ~ ( ̄¬ ̄=)ジュルッ



                              ばく土偶浮き

2012年10月08日 (月) | Edit |
           12916、
改装OPENの割引券がマダ残っていたので、『桃太郎』に、かき氷を食べに行きました♪
コノ頃はメッチャ暑い日が続いた為、かなりヘビーローテで伺ったので今回の記事は
氷菓子の類 で伺った3回分を一気に アップしております♪ (=⌒ー⌒=)b d(*⌒ー⌒*)

    12851  12852
いちごミルク 350円、ネコがミルクセーキ以外の 氷菓子を頼むのは初めてかも?(笑)
シロップの量が多く、氷のサラサラ感が楽しいので、ミルクが邪魔だそうです (^┰^)
それはそうと、ヤッパ!デッカイ!! (@_@;) メッチャ食べ応えがある “氷山”です♪

    12853  12854
みぞれミルク 350円、コチラの みぞれは メッチャ旨いですね~♪ ( ̄¬ ̄=)ジュルッ
ばくもミルクが邪魔だと判断したので、避けて食べ進んだ為、最後はミルクだらけ(笑)
ノーマルの “みぞれ”のほうにしたら良かったと、食べながら 何回も思いました (^┰^)

    12855  12856
宇治 300円、コレにはミルクは不要と判断したので、ミルク無しです♪ (=⌒ー⌒=)b
香りの良い抹茶が氷全体を覆うだけではなく、内部にもタップリ掛けられていました♪
価格<味&ボリュームで、お子さんの場合 一人で一個は無理かもしれません (^^?)

    12857  12858
ミルクセーキ 350円、かき氷に未練を残しつつも、ネコ的には やっぱりミルクセーキ♪
この度の 同時注文で、かき氷より溶けるのが早いことが、分かりました (=⌒ー⌒=)b

    12919  12920
メロンミルク 300円、ネコばく的にコチラの かき氷にミルクは不要だと感じながら
学習能力の無い ばくが頼んだのが、ヤッパり ミルクの掛かった かき氷でした(爆)
ココまで来ると、ネコばく的にはミルクが不要な事が ハッキリ記憶されました (^┰^)

    12918  12917
ミルクセーキ 350円、フワフワ感は ミルクが入っている分 若干かき氷より劣りますが
シットリした食感が加わるので、舌の上でスーッと溶ける感じはコッチが上です (^^)



                              ばく土偶浮き

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。