最近気になる事などなど・・・・・・
  • 10«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »11
--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014年04月02日 (水) | Edit |
           16599、
「久しぶりに 宇部のラーメンが食べたいと思わん? (* ̄∇ ̄*) ニィ」 と、ネコが誘います
ネコが言うトコロの “宇部のラーメン”とは、マズ間違いなく 『つるや』です (=⌒ー⌒=)b

「宇部ラーメン」という部類に属していますが、コチラは『一久』のような“生粋系”(笑)とは
チョット異なっていて、“濃厚さ”より “滋味深さ”を 味わうラーメンだと認識しています♪

    16600  16601
ラーメン 550円、見た目はサラッとしていますが、ガツンと 豚骨が主張したスープです
全体的な構成は、滋味系のアッサリしたスープですが、表面にはカゼイン膜がパリッ♪
ザクザクッと切られた中ネギの、青い部分の強い匂いにも負けないスープでした (^^)

チャーシューは脂身が甘く、赤身の部分はシッカリした噛み応えが楽しめる好みのタイプ
メンマはヤヤ細身、コリコリとサクサクの中間程度で、ネコ好みのメンマです (* ̄∇ ̄*)

    16602  16603
ラーメン 550円、メンディション(笑)は “宇部ラーメン”らしく ヤヤ軟らかめなんですが
コチラのスープには、こ~いったチョイ軟らかく スープと絡むタイプが良く合うと思います
今回のは、“従来比”で シコシコ感が若干だけど感じられる、硬麺仕様(笑)でした (^^)

こ~いった “ベクトル”のラーメンは、宇部では他に 『来秀軒』が近いような気がしますが
あくまで “似て非なるモノ”なので、未食のかたは 是非食べ比べて頂きたいと思います♪

    16604  16605
女将さんが一人で切り盛りする、メッチャ!アットホームな お店は、女将さん不在の時間も
シバシバ有りますが、お客さんはマッタク意に介せず 静かにラーメンをススッています(笑)

ネコは、「“ココ”だけでも 宇部まで来る価値が有るよね~♪ (* ̄∇ ̄*) 」と、言いますが
山陽小野田にも大本命があるので、ナカナカ悩みどころな事を ばくは知っています (^┰^)


                              ばく土偶浮き
スポンサーサイト
2013年11月08日 (金) | Edit |
           15621、
びっちゅさんとコノ日4軒目のお店は、晩ご飯の ラーメン店になりました♪ (=⌒ー⌒=)b

独自に進化した、ガラパゴス豚骨地域(笑)の宇部市にあって、否豚骨をウリにしている
新進気鋭のニューウェーブ(宇部では)系ラーメンが食べられる、貴重な お店です (^^)

    15622  15623
コチラの お店の基本は「塩」・「醤油」・「担担(肉味噌)」・「つけ麺」の4種類 (=⌒ー⌒=)b
ソレに豊富なサイド・一品メニューを加えて、自分好みの食事ができるようになっています

場所的に飲み屋さんも多い場所からか? アルコール類もラーメン店にしては豊富です♪
必要とあらば、一軒〆も可能な お店なので、色んなニーズに重宝しそうなお店です (^^)

    15626  15627
ネコは 塩ラーメン 680円、丼のフチに添えられた、柚子胡椒の存在に気付いたネコは
ナニか感じるモノがあったのか? ナニやら意味深な顔つきで スープを一口ススルと
「ヤッパリね~♪ (* ̄∇ ̄*) ニィ」と、声を上げて本腰を入れて食べ始めました (^^?)

シェアして食べると、ソノ意味がスグに分かり、ばくもナルホド状態です (=⌒ー⌒=)b
今は提供を止められていますが、『べにや』@宇部のラーメンを底のほうで彷彿とさせる
イリコとは違う 魚の骨系っぽい 独特の香りがするので、柚子胡椒がお供なんですね♪

麺は中太でヤヤ短めの縮れ麺、硬さは硬麺で イキオイ良くススルとスープが飛び散る
チョット“危険な麺ディション(笑)”で、コノ麺は 温麺には共通で使用されているようです

    15628  15629
醤油ラーメン 650円、コレは びっちゅさんが注文されたラーメンの “横撮り”です(笑)
結果的に、コノ日の三品の中では、コレが一番好みなのが三人の共通した感想でした♪

甘味のある醤油がよく麺に絡むんですが、麺が若干 短いため、ススリ応えがないのが
こう言っては失礼ですが、ネコばくにとっては“重箱の隅”的 不満要素でした (^┰^)

    15630  15631
ばくの 担担麺 730円、つけ麺にも惹かれたんですが、ソレ以上に気になったのがコレ♪
悪いクセなんですが、マズ「担担麺」の 「担」の字が「坦」なのが 目に付きました(笑)

味が濃いのですが 出汁感が薄く、醤(じゃん)由来の辛さが目立つ、弱粘度のスープで
挽肉は牛が強いため、甘臭いというか?なんというか? 独特の匂いが強いです (^^;)

ひき肉が沈降して行く、担担麺の宿命とも言うべき欠点(?)はモチロン有ります(笑)
なので “穴あきのレンゲ”が用意してあると、嬉しいんですけどね~♪ (=⌒ー⌒=)b

    15624  15625
お店のやり方に、コウ言っては “アレ”なんですが・・・他の客が食べている真横の席で
常連さんと おぼしき お客さんのテーブル(席)に ガップリと座り込んで、大きな声で
アレコレ話しながらオーダーを取る店員さんの姿ってのは、イカガなモノかと・・・(^^;)

話を お聴きしたいトコロが あったんですが、声を掛けられる雰囲気ではありませんでした
が・・・つけ麺が気になるので、イツか機会があったら 伺ってみたいと思います♪ (^^)


流麺処 『颯』(はやて)
住所:山口県宇部市中央町3-11-13
℡:0836-31-2533
営業時間:18:00~27:00
定休日:日曜日
駐車場:直近のコインPのチケットが頂けます


                              ばく土偶浮き
2013年09月09日 (月) | Edit |
           15149、
コノ日は、ひさぁ~しぶりに ばく単品で “きゅうちゃん”に合いに来ました (=⌒ー⌒=)b
明確にジャンル分けされていませんが、「宇部ラーメン」の代表的な お店が『一久』です♪

『一久』で一番メジャーな店舗(笑)は、新川店だと思いますが、ばくの耳に入ってくる
“い~感じの店舗”は東岐波店と岬店なので、ブログにはお初のコチラに伺いました♪

    15150  15151
『一久』は店舗毎に若干メニューが異なっていて、コチラはライスがある貴重なお店です

ナントカ動いてくれていたスペアのカメラのAFがメッチャ!調子が悪い ヾ(;´▽`A``アセアセ
更に接写モードで手ブレ防止が、マッタク!効力を発揮してくれないという合わせワザで
ブワァ~ンっとした写真に なってしまっています...orz 早くカメラ買わないとなぁ~(^^;)

    15152  15153
ラーメン 500円、濃い茶褐色の醤油豚骨スープは、『一久』の真骨頂です (=⌒ー⌒=)b
仕込みの時点で骨を割って 髄を出しているので、濃厚・粘度系のスープに仕上がります♪

現在では「宇部ラーメン」の源流に位置する 濃厚豚骨、ばくは ソウいうイメージでしたが
コノ日のスープはビックリするくらい、スッキリした味わいでメッチャ!好みです ( ̄¬ ̄=)
『一久』=「ドロドロ・ポタージュ系スープ」というイメージが、感じられません (@_@;)ォ?

    15154  15155
麺も今までのイメージとは違って シャッキリ・ツルツルで い~感じ (= ̄π ̄=) チュルチュル
今まで持っていた、“ヤワヤワ麺”・“ドロドロ麺”という『一久』のイメージは完全崩壊(笑)
麺は『一久』特注麺なので、茹で加減がヨホド違わない限り、他店もコンナ感じでしょう♪

前出のイメージが強いため敬遠気味だったネコは、今まで一回しか伺った事がありません
んがっ!こ~ゆ~ラーメンだったら、カナリ好みなんじゃないか?と 思うので、ココは一つ
コノ日の麺とスープの状況を報告(笑)して、再訪してみたいと思います♪ (=⌒ー⌒=)b

    15156  15157
セットメニューも数種類あって、色んなニーズに合った注文が可能です♪ (=⌒ー⌒=)b
チャーハンは当り外れがあるというイメージが強いのですが、最近はどうでしょう? (^┰^)

右の写真は下関で見かけた、『一久』のトラックですが、下関にナンの用が? (@_@;)アレ?
ナンバーは指定ナンバーで「19-15」、おそらく「『一久』- 行こう」って事ナンでしょうね (^m^)
普通、記事ではナンバーは隠しますが、お店の指定ナンバーなので無問題と判断しました♪



中華そば 『一久』・岬店
住所:山口県宇部市東見初町1-17
℡:0836-35-1919
営業時間:11:00~22:00
定休日:月曜日14:00以降
駐車場:有
中華そば 『一久』・HP

                              ばく土偶浮き

2013年05月14日 (火) | Edit |
           14678、
ムギバヤさんsukeさんの情報で、宇部に出来た つけ麺専門店にOPEN日訪問です♪
お店の外では ワリオが お出迎え♪ 店内では、マリオとルイージが厨房を担当♪(笑)
フロア担当の女性が、ナゼか?ピーチではなく“普通の人”だったのがメッチャ残念(爆)

11:00過ぎに伺うと、運良く駐車場は空いていましたが、店内は お客さんで一杯でした
待ち用のベンチに案内されたので、料理・メニュー等の撮影が可能か確認して着席♪

    14679  14690
メニューを渡されたので、写真を撮っていると、ネコが目配せしながら 目線を移すので
ソッチを見ると、カメラを構えたブロガーさんらしき人を発見! (@_@;)オッ?ダレダ?ダレダ?
ナント!下松から ラーメン大魔王が降臨(爆)、お互い新しいモノ好きですね~ (^┰^)

のりさんの両サイドが空いたので、勝手に座わって、ササッと食器をかたしましたが
お店のかたからは、面食らったような、不思議そうな目で見られてしまいました(^m^)

    14693  14695
豊つけ麺(並盛・220g) 780円←OPEN記念価格で700円を ネコは「温(あつ)盛り」で♪
つけ汁は 濃厚そうですが中粘度、トンコツ感は強いけど味が薄いという不思議な構成で
魚粉は海苔の船が無かったら、結構な速さで沈降して行くかも?と、感じました (^┰^)

ナニか根菜っぽいブツブツした浮遊物が確認できましたが、アレってナンでしょう (^^?)
ナニにしろ、“濃厚そうで中粘度”の根っこに、ソレが有るような気がするネコばくでした

ルックスはモロ “関東つけ麺”ですが、ど~にも “薄さ”が気になって仕方ありません
麺をつけると、更にソノ “薄さ”が際立って感じてしまいます。コノくらいの濃さだったら
ラーメンでも 十分いける濃さだと思いますし、コチラの “特濃”のほうが濃厚でした (^^;)

    14691  14692
豊つけ麺(大盛・330g?) 780円←OPEN記念価格で700円、ばくは「冷盛り」で注文♪
冷たい分、当然 つけ汁の温度低下は早く、結果・・・麺との絡みの劣化が早くなるため
ネコばく的には、冷盛りより温盛りのほうが、つけ汁に合っているように感じます♪ (^^)

麺は『Live』(ライブ)のと良く似た感じのモチモチ麺で、カナリ好みの麺ディション(笑)
小麦の香りが強めの シッカリした麺なので、つけ汁はモット濃いほうが良いと思います

ドーンと存在感のあるチャーシューは、最近食べたチャーシューの中ではダントツです♪
軟らかくてジューシーで、炭火焼きステーキでも食べているような錯覚すら覚えました♪

    14694  14696
大盛と並盛の違いはコンナ感じ、麺は予想通り “京都(伏見)”のお店から直送♪ (^^)
チョット “食べられる人”は、大盛でも一杯で お腹一杯にはならないと思います (^^;)

『周月』のように、並盛(200g)・中盛(300g)・大盛(400g)・特盛(500g)が、同じ価格
と、いう設定だと、不満が出る事は無いような気がしますが・・・どぉ~でしょ~? (^^;)

麺の下には網が置いてありますが、目が大きいため 箸が引っかかったり麺が落ちたりと
ネコばく的には 便利さよりも、食べにくさのほうが 目立つ仕様の網でした ヾ(;´▽`A``

    14698  14699
スープ割りには コッテリ(左)とアッサリ(右)があり、割りスープの量で調整されます♪
ばくはコッテリにしましたが、割りスープは ビックリするほど少量でした (@_@;)アレ?
アッサリのほうは、柚子の香りが強く感じられて ネコばく的にはアッサリが好みです (^^)

食べ終わって外に出ると、お客さんは “待ち”の状態です、 「新しい お店」や「つけ麺」に
ドレだけ関心があるか分かる光景ですが、新しいお店が “根付く”のが難しい地域なので
宇部という “お土地柄”の研究(笑)も含めて、頑張って頂きたいと思います (=⌒ー⌒=)b



つけめん 二代目 『YUTAKA』
住所:山口県宇部市中村3丁目7-21
℡/FAX:0836-43-9636
営業時間:11:00~なくなり次第終了
店休日:火曜日
駐車場:有(建物の裏手に9台分←うち1枠分はバイク用?



                              ばく土偶浮き
2013年02月25日 (月) | Edit |
           13996、
ばくが フジグランのフードコートで、ラーメンを食べている前で、ネコが “同名店”の
うどんを食べていました♪ (* ̄π ̄*) チュルチュル この2軒は斜向かいに位置している
系列店で、うどんだけではなく 同じトッピングで、そばも取り扱っておられます (^^)

    13997  13998
ざるうどん(大/2玉) 380円、並(1玉)は280円、100円で1玉増量は お得です♪ (^^)
薬味の類はカウンターに置いてあるので、呼び出しブザーで 注文を受け取りに行った時
好みで取るようになっていますが、今回は デフォを確認するため無しです (=⌒ー⌒=)b

ツユは結構辛めで、ドップリつけると チョイ醤油辛くて バランスは良くないと思います
ネギはワリと太めで辛味が強いタイプなので、ツユの中に入れたあと、うどんと一緒に
ススルのが難しく、カナリの量がツユの中に残ってしまって、食べにくかったです (^^;)

    13999     14000
麺は角が確認できる四角い麺ですが、冷凍うどん特有の表面がヤヤ粗いタイプです
今回は冷たい麺だったので、ソノ部分は強調されていませんでしたが、あったかいと
チョットばかり、ヌルっとする感じになるような気が気がしますが、どうでしょう (^^?)

ナンにしても同系列店の、うどんとラーメンを同時に食べる事ができるっていうのは
メッタにできない事だと思うので、楽し珍しい(笑)経験ができたと喜んでいます (^^)


さぬきうどん 『つるつる』・宇部店
住所:山口県宇部市明神町3丁目1-1(「フジグラン宇部」・2F))
℡:0836-36-2203
営業時間:10:00~20:00
定休日:不定休(「フジグラン宇部」の店休日に依る)
駐車場:有

                              ばく土偶浮き

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。