最近気になる事などなど・・・・・・
  • 03«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »05
--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013年08月22日 (木) | Edit |
           14982、
広島からの帰り道、「せっかく広島まで来てるんで、一麺ススッて帰りましょう♪ (^^)」
と、話は決まったものの、土地鑑(店鑑)が無い ネコばくはホボ漂流状態 ヾ(;´▽`A``アセ

困ったネコは、「今どの辺り」・「ドチラ向き」・「ラーメン店情報求む」のキーワードを使って
ムギバヤさんに助けを求めると、「そこら辺りだと、ココしか思いつきません m(_ _)m」
と いう情報を頂いたので、ソッコでコチラに伺いました♪ (= ̄- ̄)人 アリガタヤ・アリガタヤ♪

    14983  14984
ネコは 中華そば 650円、いわゆる “醤油ラーメン”だと思いますが尾道ラーメンのような
クルクルッとした背脂が確認できるスープで、生醤油の香りが強く 出汁が おとなしめ
に感じる構成は、ネコばく的に イメージはソノまんま 尾道ラーメンのソレでした♪ (^^)

麺はヤヤ太めの中太麺でシッコシコ、ノビ足が遅く イツまでも い~麺ディション(笑)です
バラ肉のチャーシューは、脂身が甘くて軟らかくてカナリ好みでした♪ ( ̄¬ ̄=)ジュルッ
スープにもう少し “なんらかのダシ”が効いていたら、更に好みだったと思います(^^)

    14985  14986
ばくは 遊山 650円、メニューには “とん骨しょう油(スープ)”と、謳ってあります (^^)
ど~でも良いことですが コノ表現は珍しい、“醤油豚骨”なら よく見る気がします(笑)

トッピングの類は “中華そば”と 同じだと思いますが、スープに 豚骨が加わるコトで
ラーメンが まるで別物になっていて、食べ比べがメッチャ 面白い (= ̄π ̄=) チュルチュル

豚骨ラーメンに慣れ親しんだ ネコばくには、コチラのとん骨しょう油のほうが食べやすく
美味しく感じましたが、コレは尾道ラーメンに慣れてない事が 大きく働いています (^^;)

    14987  14988
「遊山」の読み方は「ゆうざん」で、(物見遊山の)「ゆさん」ではありません (=⌒ー⌒=)b
メニューの一番端に有るので、ネーミングも含めて、一押しのラーメンだと思います (^^)

他のラーメンも気になるので、次回は 「塩ラーメン」と、「冷たいラーメン」か 「つけ麺」の
ドチラか 変化球的メニュー(笑)を狙って、伺いたいと思います ワク♪o(^^o)(o^^)oワク♪


中華そば 『遊山』(ゆうざん)
住所:広島県広島市安佐北区狩留家町2404-1
℡:非公開
営業時間:11:00~15:00/16:00~18:30
定休日:火曜日・毎月18日(臨時休業あり)
駐車場:有


                              ばく土偶浮き

スポンサーサイト
2013年05月04日 (土) | Edit |
           14460、
ネコが急に『六助』モードに入ったので、急遽 伺うことになりました♪ カウンターに座ると
女将さんが 箸箱と箸をチェックして、「ネコさん、ばくさん(^^)」と、声を掛けて下さいました
ナンでも 下関から “ネコばく”を見て、『六助』に行かれている かたが居られるとの事・・・

    14461  14462
女将さんに お礼を言われてしまいましたが、お礼を言われるのはマッタクの筋違い (^^;)
コチラこそ 遠く山陽小野田まで行かれて、ワザワザ “ブログ名”まで出して下さったかたに
お礼を言わなければいけません、本当にありがとうございました m(_ _)m カンシャ×2 デス

    14463  14464
ラーメン 600円、前々々回前々回の ドーンと存在感を示すトンコツ感が押し寄せた後
滋味系な優しぃ~味わいがスゥ~っと残る、絶品スープと同じような感じのスープです♪
最近は “『六助』デフォルト”と認識していた、超地味系なスープのほうがブレみたい(笑)

本場の豚骨激戦区のラーメンとは比較にならない、と言われるかたも居られると思いますが
荒々しい濃さではなく、シッカリした土台の上に “力強い豚骨が乗っかってる”っていう感じで
洗練された濃厚さを 十二分に楽める、超ぉ~インパクト系の 激旨スープで好みです♪ (^^)

    14465  14466
ばくも ラーメン 600円、麺は茹で加減指定無しのデフォルトですが、ツルツル・シコシコで
小麦の香りも漂ってくる、激好みの 麺ディション(笑)を楽しめました (* ̄π ̄*) チュルチュル

麺をススルのが楽しい♪ スープを飲むのが楽しい♪ 自然と笑顔になってくるラーメンで
トッピングのチャーシューやメンマも 独特の臭みが無いタイプで、名脇役的存在を演出♪
宇部・山陽小野田地区では、コチラのラーメンが 一番好みのネコばくです d(*⌒ー⌒*)

    14467  14468
“若大将が必死こいて勉強中”ナンとも頼もしい文言ではありませんかっ! (=⌒ー⌒=)b
「後継ぎ候補が出来たんです?」 と 大将に話しかけると、大将はイツモのニンマリ顔(笑)

女将さんが 「テストがあるから勉強してるのよ♪ (^^)」と、説明して下さいましたがテスト?
年齢は分かりませんが、“そ~ゆ~勉強”だったんですね (^┰^) ついで(?)にラーメンも
勉強してもらって、リッパな “後継ぎにも”なって頂きたいものですね~♪ o(^^o)(o^^)o



                              ばく土偶浮き

2013年03月18日 (月) | Edit |
           14148、
コノ日は1月26日(土)、待ちに待った “とある物”が届いた日で、気分が良かったので
ウキウキ気分で、チョット遠くまでラーメンを・・・と、東征をはじめたのは良いんですが

話は モンスター級だった 前前回前回『六助』の話になって、ソロソロ 『六助』らしい
スープを味わいたいなぁ~・・・と、いう事になって、お隣の山陽小野田になりました(笑)

    14149  14150
ラーメン 600円、出てきたラーメンは、脂っぽい要素が感じられない 落ちついたスープ(笑)
待ちに待った『六助』のデフォルト的な味、ホッコリ滋味系ラーメンが登場♪ (=⌒ー⌒=)b

ドッカン!豚骨のスープも良いのですが、こ~ゆ~優しいスープが『六助』の真骨頂 (^^)
一般的(?)には、アッサリしすぎなスープっぽい印象ですが、『六助』は こ~ゆ~一面も
ジックリ楽しめる、メッチャ希少な お店だと認識している ネコばくです♪ (=⌒ー⌒=)b

    14151  14152
モチロン ばくもラーメン 600円、麺はスープに合わせて(?)軟らかバージョンです (^┰^)
硬麺チックな麺の時とは違い、スープの持ち上げが良く 食べやすい麺ディション(笑)で
何から何まで “滋味”を満喫できる一杯は、マサに「柔よく剛を制す」ラーメンでした (^^)

味がシッカリしみたメンマは、細く切られているため 塩辛くなく 麺とスープの間にはさむと
味も食感も い~感じでアクセントになる、秀逸のメンマだと思います♪ (=⌒ー⌒=)b
チャーシューも色こそ薄めですが、シッカリ味がしみてジューシー♪カナリ好みです(^^)

    14154  14153
テーブルの常備品は、スッキリ・シンプルで余計なモノは 有りません (=⌒ー⌒=)b
アレコレ入れると、せっかくのスープの味が崩れてしまい、結果的に麺とのバランスも
崩れる事になるので、ネコばく的には足し算引き算無しのスープが1番好みです (^^)

コノ日もシッカリ干食(笑) 「せっかく山陽小野田まで来たんで、宇部アタリでもう一軒」
などと 考える事もなく、コノ一杯で大満足して サクッと下関に帰りました d(*⌒ー⌒*)



                              ばく土偶浮き

2010年05月30日 (日) | Edit |
           5794、
鳥取⇔島根訪麺時、高速を移動する間にも、食いしん坊オーラが出まくっていたネコは
ガイドブックを見ながら、各SA/PAのグルメをチェックしていました♪ (^┰^)

同じSA/PAでも 上りと下りでお店が違ったりで、ナカナカ塩梅良く行かない中・・・
最近 つけ麺に興味を持ってきたネコの琴線に触れたのが、コチラの『ばくだん屋』です♪
GW中という事もあって、席を見つけるのがメッチャ大変でした(^^;)せっかく見つけても
チッチャイお子様連れの家族が近くにいたら、先に譲ってしまいますよね~? (笑)

    5795  5796
つけめん 700円、他にも色々食べる予定だったので、フードコートの利点で半分っこです(笑)
カナリの人気店のようですが、注文してから出てくるまでがメッチャ早い! (@_@;)
もう、見切り発車でドンドン作っておられるんだろうと、容易に想像できました♪ (=⌒ー⌒=)

茹でキャベツが乗っかってるルックスは、広島風(と、いうのか?)つけ麺の特徴です(^^)
酸味のある濃い目のつけ汁に、ラーメンでも見るくらいの中太麺が合わさります
モチモチ感より、ツルッとした喉越しで食べさせてくれる食感は、ばく的には好みです♪

麺の量は多くない・・・つか、少なめ(^^;)、半分づつだとカナリ余裕が残ります(笑)
冷たい麺なのでチャーシューは硬く感じます、もう少し薄い方が食べやすいと思いました♪


廣島つけめん本舗 『ばくだん屋』
場所:宮島SA(上り線)
廣島つけめん本舗 『ばくだん屋』・HP



                              ばく土偶浮き

2009年09月17日 (木) | Edit |
           3857、
以前周南で営業されていた『とんぺい』の暖簾元であり、ご親戚(ご実家?)のお店です。
2回程度しか伺った事はありませんでしたが、セッカクなので訪麺させて頂く事にしました♪
源流を辿る旅(訪麺)とは、ロマンですね~♪メッチャ感慨深いものがあります♪(^m^)
ムギバヤさん情報では、関西(大阪?)にも 同じ屋号の支店が営業されているそうです。

    3860  3861
ラーメン 580円 チャーシュー・メンマ・青ネギ・ニンジン等、周南店と内容はソックリです♪
写真には写っていませんが、田舎杓子が添えられているところも同じでした (=⌒ー⌒=)
鶏白湯(だと思う)に野菜の甘味・旨み(だと思うw)が凝縮された香り高いスープはメチャ旨♪
最初の1軒めだったら美味しさ倍増で、多分干食(笑)コースだったと思います (=⌒ー⌒=)

んがっ!2軒目の暴挙(半チャーハン1/3+ネコのラーメン半分)が効いてお腹がパンパン
途中でムギバヤさんの味噌ラーメン(ミニサイズ)とシェアして、助けて頂く始末・・・ (^^;)
おかげさまで、スープは一滴も残さず舐め取るように飲み干す事ができました♪m(_ _)m

    3863  3862  
テーブルの上には割り箸が二種類、一つはお子様用の短い箸が用意されています(@_@;)
こういう箸もあるんですね~?初めて見たと同時に、お店の心配りに感動しました♪(^^)
モチロン店内は禁煙で、テーブルの上はピッカピカ♪スタッフさんの目が行き届いています♪

    3858  3859
いろんな種類のラーメンがラインナップ、ラーメンと餃子はお土産や地方発送もして頂けます。
味噌ラーメンの方は山口では見当たらないような感じの、複雑な旨みのスープでした(^^)
お腹がキツめだったのと、周南店の味が記憶に薄かったのが残念でならない訪麺でした orz


ラーメン&ギョーザ 『とんぺい』
住所:岡山県笠岡市小平井2215-1
℡:0865-62-4129
営業時間:11:00~21:00(日曜・祝日は~20:00まで)
定休日:木曜日(祝日の場合は営業)  
駐車場:有

                              ばく土偶浮き
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。