最近気になる事などなど・・・・・・
  • 09«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »11
--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014年04月20日 (日) | Edit |
2014年03月30日付けで、『港屋千兵衛』は 文末の住所へ移転されています。

           16951、
『港屋千兵衛』の店舗前で 移転情報の貼紙を見つけた日のコト・・・中休みが終わる
チョット前に伺ったので、時間つぶしも兼ねて 新店舗まで確認に行って戻ってきました♪

門司港駅の駐車場に車を停めて、お店まで来ると 丁度「準備中」の札がひっくり返って
夕方の部が始まった瞬間でしたが、恥ずかしいので チョット待って入店しました (^┰^)

    16952  16953
当然のごとく、入店時 店内はマダ貸切状態でしたが、注文を入れてシバラクした頃には
店内は八分の入りという状態、サスガ人気店は お客の入りがスムーズです d(*⌒ー⌒*)

壁に貼られたメニューの「肉つけ麺」は、メニュー表には載ってないので、知らないかたは
注文した後に気付いたり、ネコの注文を聞いて メニューを見直される光景をよく見ます(笑)
コレが狙いのネコには嬉しいコトですが、立場が逆だったら “チョット・・・”ですね~(^^;)

    16954  16955
肉つけ麺 650円、ネコの “ファースト・デフォルト”(笑)が、コノ 肉つけ麺♪ d(*⌒ー⌒*)
ツユに隠れて確認 出来ませんが、伊万里牛の端材が惜しげも無くゴロゴロ入っています

牛肉の甘い匂いと 醤油の匂いが合わさった つけ汁の香りは、まさに逸品と言える一品♪
麺への絡みも良く “創作系 つけ麺”では、ネコばく的には 頂点に君臨する 一杯です (^^)

限定メニューですが「一日○食」という限定ではなく、お肉(伊万里牛)の仕入れによって
有無や食数が決まる と、いう 超~レアな一品です。 前出の理由から(?)夜の部でも
残っている事も多いので、気になるかたは ダメ元で聞いてみて下さいマセ (=⌒ー⌒=)b

    16956  16957
ざるうどん 490円、“ざる”で490円(2014年3月初)は チョット高いように感じますが・・・
一口ススルと、ソンナ気分は一気にドコかに飛んで行ってしまうから不思議です (^┰^)
半透明でツルツル・ピカピカの麺(うどん)には、ソウ思わせる実力が有るんでしょう♪

ツユはチョット辛めなので、1/3~1/2くらい浸けたのが ばく的には丁度良い塩梅です
麺はススル楽しさも味わえる 丁度良い長さだと思います、コウ言っては “アレ”ですが
「『丸亀製麺』が長い!」と、思われるかたは ばくと同じ意見になると思います (^m^)

ざるうどんが お初のかたは、マズ薬味の類は一切入れずに 麺だけを味わってからのち
自分好みに 薬味等で調整される事を、カナリ強めにオススメします (= ̄π ̄=) チュルチュル

    16958  16959
ネギ・ゴマ・ショウガの他に、テーブルに 唐辛子の類が数種類 常備されているのですが
ワリと辛さが強い部類の唐辛子なので、辛さを確認しながら使用するようにしましょう(笑)

肉つけ麺には 常備品には無く、カタログ(つ~のか?)にも載ってない、「黄柚子ごしょう」
が、お盆に乗って出てきます♪ (=⌒ー⌒=)b サスガに香りが良く 風味が良くなるのですが
香りモノ(笑)は、つけ汁を元には戻せないので、コレも入れるタイミングが重要です(笑)


追記:コチラ(『港屋千兵衛』)は、3月30日付けで、下記住所へ移転されています。
次回記事(移転後)から、“『港屋千兵衛』@旧門司 ①”と 変更して継続します♪


『港屋千兵衛』(移転後)
住所:福岡県北九州市門司区旧門司2-5-1(「ノーフォーク広場」奥)
℡:093-322-5888
営業時間:[月・水・金 11:30~15:00] [金・土・日・祝11:00~16:00/17:00~21:00]
定休日:木曜日と月に一回水曜日
駐車場:有(「ノーフォーク広場」駐車場が満車の場合は、お店に言われて下さい)
「豊前裏打会」公式サイト



                              ばく土偶浮き
スポンサーサイト
2014年03月05日 (水) | Edit |
           16521、
ネコの2014年 “初お店ラーメン”は、『圭順』です d(*⌒ー⌒*) ばくは既に食べていますが
ラーメン専門店では無いのと、カナリ残念な一杯だったので、ヒトマズ “記憶から削除する”
と、いうコト(笑)にして、コチラに 初ラーメンを食べに伺った、 という 悲しい “記憶”です(笑)

    16522  16523
コノ日は風が強い日だったので、遠目からもハタメク暖簾が新しくなっているのを確認♪
今までの暖簾も、青だったと思われますが、チョット元色が確認できない感じだったので
新しい暖簾の鮮やかな青は、メッチャ!新鮮で綺麗に映りました♪ (=⌒ー⌒=)bイイッスネェ

    16524  16525
ネコはラーメン 500円、相変わらず丼の縁ギリッギリまで注がれたスープは超迫力系(笑)
コチラのチャーシューが得意ではないネコは、チャーシュー全部をばくの丼に移動させます

なので、今回の「ネギと海苔だけのトッピング」と いうのは、ナントナク不思議な感じです
がっ!・・・チャーシューという、障害物が無い分、表面の変化が顕著に確認できます♪
パリパリ~っと音が聞こえそうなイキオイで、カゼイン膜が張っていくサマは圧巻でした

麺は淡白なイメージは相変わらずですが、コシが出ているように感じるのはネコばくだけ?
ツルッとして、シコシコした食感を楽しみながらも、いくら飲んでも減らないスープを相手に
ひたすら麺をススリ続ける ネコの姿は、正月早々ナンともケナゲでした ヾ(≧д≦)ノウヒョヒョ

    16526  16527
ばくもラーメン 500円、ですが ネコのチャーシューが全部乗っているので 肉肉しい(笑)
チャーシュー麺って、もしかしたら コンナ感じなのかな~? と、思ってしまいます (^┰^)

出てきたばかりのチャーシューは、真ん中アタリがピンク色ですが、スープと麺を一通り
楽しんだ頃には、シッカリ火(熱)が通った色に 変化しているのが スゴイ♪ (=⌒ー⌒=)b

小さいけど厚みがあるチャーシューは、食感はヤヤ硬めでジューシーさはありませんが
噛んでいくと、お肉本来の味が “臭みを感じない”で、楽しむ事ができる仕上がりです♪

ばく的には「『北斗亭』のが大丈夫なら レもOKなんじゃね?」と、思ってしまうんですが
ソレもコレも、食には “好み”というモノが、確かに存在するので 致し方ありません(笑)

    16528  16529
ばくはスープをシッカリ干食(笑)、ネコは頑張って頑張って ヤット丼の下線くらいです(笑)
ココ(この線)までスープを入れて、麺とトッピングを加えて一杯、と いうお店も多いのでは?

丼が通常サイズよりヤヤ小ぶりなため、こ~ゆ~迫力があるように見えるのも確かですが
ソレを考慮に入れても、なお余りあるホドのスープの量なのは 明白です♪ (=⌒ー⌒=)b


                              ばく土偶浮き

2014年02月28日 (金) | Edit |
           16443、
ひさしぶりの 『とん平』ですが・・・ネコはコノ前に 1人で訪問しています♪ d(*⌒ー⌒*)
今まで、一人でラーメン店どころか、飲食店全般に入るコトが 苦手だったネコですが
最近は、数店舗 一人喰い(笑)が出来る お店が出来ているようです♪ (= ̄m ̄)ププッ

    16444  16445
ネコはラーメン(硬麺) 550円、コノ日の『とん平』は チョット異様な雰囲気でした (^^;)
注文をしても 返事や確認の復唱が無いので、注文が通ってるかどうか?分からない
3回目でヤット 無言の「コックリ (  ̄ー ̄)))」・・・コレってナンだぁ? (⌒◇⌒;) アハハッ

大将は休憩中なのか? 麺あげその他一連の作業に、マッタク大将が関わってない
出てきたラーメンは、デフォルトより軟らかいメンディション(笑)でダマになっています

スープは元ダレが下に溜まっているので、最初の一口はメッチャ薄く 旨味はありません
麺をさわぐと、麺の硬さ以外の問題点は解決されますが、イツモの『とん平』とは別物
ブレの範疇は遥かに越えている一杯に、「作り手って大事なんだ」と再確認しました(笑)

    16446  16447
ばくもラーメン(硬麺) 550円、同じものなんだから、感想はマッタク同じです (^^;)ハハッ
メッチャ!失礼なんですが、「コンナくたびれた極細麺は珍しい」と、言うホカ無いのが
残念でもあり、こ~ゆ~『とん平』を味わえたのが嬉しくもあり、な 複雑な心境です (笑)

細い麺だけに、軟らかい麺がゴジャマルと、もぉ手に負えない食べ難さがあります (^^;)
スープは後回しにして、出来るだけ早く麺をヤッツケるのに集中した訪麺となりました(笑)
ネコばく的には、「ヤッパ『とん平』は硬麺がンまい!」と いうのが 結論です (=⌒ー⌒=)b

    15135  16448
コチラの 麺の美味しさは周知の事実のようで、ライスより50円高くても 替玉のほうが
良く出ているように感じます♪ ネコばくも お腹の具合が良い時は替玉にするんですが
コノ日のメンディション(笑)だと、追加するなら ライスのほうに行っていたでしょう (^^;)

次回は イツモのようにザクザクの硬麺に、ポッテリした旨味の強いスープを期待しつつ
チョット残念だった 『とん平』を後にして、言葉少なく下関に帰りました ヾ(;´▽`A``アセアセ


                              ばく土偶浮き
2014年01月30日 (木) | Edit |
           16169、
メッチャ!風が強くて寒っぶい日、『港屋千兵衛』の前まで行くと、暖簾たちがワッサワッサ
飛ぶんじゃないか?と、心配になるような イキオイで揺れているのを見て、寒さが倍増(笑)

久しぶりに、ザルでも食べようと思っていた ばくですが、無条件で温ったかいのに予定変更
ネコは イツモの 肉つけ麺にする予定のようですが、限定麺なので有るとは限りません(笑)

    16171  16172
肉ごぼう天うどん 700円、イツモは運良く ナンとか残っている 肉つけ麺(650円)は完売
一瞬 寒さに負けて 温ったかいのにしようと思った時、脳裏に浮かんだという、コレに決定

デッカイごぼう天とメッチャ入っている お肉で、麺がマッタク見えない迫力のルックスがスゴイ
ソノ2つを仕切るように、ネギとカマボコとワカメが配置されて、彩りも綺麗です d(*⌒ー⌒*)

イツモのスッキリしたツユは、お肉の出汁でコクのあるパワフルなツユに変化しています♪
ツルツル・モッチリした食感の麺(うどん)は、こ~ゆ~ツユにも見事にフィットする従順さを
持っていて、麺類にはとっても嬉しい、ノビ足が “鈍足”な 激旨麺(笑)です (=⌒ー⌒=)b

    16173  16174
具だくさんうどん 550円、トッピングはノーマルの1/3程度の ごぼう天、エビ天、カマボコ
ワカメ、玉子、油揚げ、ネギが乗っていて、ネーミング通りの“具だくさん”な うどんです♪

が・・・麺が美味しいので、トッピングがゴチャゴチャしてると、味が濁るような気がします
特に油揚げの匂いは、コチラのツユには アマリ合わないような気がするのは気のせい?

こ~ゆ~のはオコガマシイかもですが・・・コチラの うどんは肉の出汁が効いたシッカリした
濃厚系のツユか、反対にトッピングが極力少ない 濁りの無いツユが、“ネコばく的”には
美味しく頂けるように思います♪ が・・・モチロン反論は 無条件で受け付けます m(_ _)m

    16175  16177
普段はホトンド使わない 唐辛子の類ですが、コノ日は途中で 味が分からなくなったので
少し投入して見たところ・・・い~感じでピリッと口内を刺激してくれて、舌の感覚が復活♪

様々な辛さが段階的に選べる 「豊前裏打会」の唐辛子は、匂いに支配されずに辛味だけ
足す事が出来る “一味唐辛子”を、テーブルに常備されています d(*⌒ー⌒*) カライデスヨ~

    16170  16176
こ~やって、今回の二杯を並べて見ると、ノーマル ごぼう天の迫力に圧倒されます (^┰^)
ばく的には、ごぼう天だけで最後まで食べきるほうが好みですが、ネコは違うようです(笑)

おそらくコノ先も手を出すことは無いと思われる 「ごはんもの」ですが、チョット気になるのが
「ミニ丼 大盛 490円」というメニュー(笑) “ミニの大盛り”って初めて見る表記かもです(爆)


「豊前裏打会」・HP



                              ばく土偶浮き
2014年01月02日 (木) | Edit |
           15988、
ネコがテレビで観た情報で、『東洋軒』@小倉で修行された らしい大将の お店が有る
と、いう話を聞いたのは良いけど・・・ネコが得意の “店名を憶えてなかった”(笑)ので
断片的な記憶を紡いで、コチラの お店では無いか?と、アタリを付けて伺いました (^┰^)

    15989  15990
屋号の下に ポン太ラーメンって書いてありますが、コレはナンでしょう?σ( ̄、 ̄=)ンー??

コチラの お店は結構前からソノ存在を知っていましたが、周囲には ネコばく的にとって
“強~力な引力”を発する お店が沢山有るので、ナカナカ足が向かない お店でしたが
この度は良い機会なので、お店の正否は別にして 伺ってみる事にしました (=⌒ー⌒=)b

    15991  15992
メニューの種類は、麺類から ご飯類までカナリ豊富に用意されています (=⌒ー⌒=)b
時間限定の セットメニューも設定してあるので、ガッツリ系の かたでも大丈夫です♪

大盛りと替玉が両方あるのも、地域性が混沌としているのか? 珍しいと思います(笑)
テーブル常備品は 至ってシンプルですが、過不足しているものは 無さそうです (^^)

    15995  15996
ラーメンセット(ラーメン+ライス) 500円、11:00~14:00までのタイムサービスですが
ラーメン単体は550円の価格設定なので、ココで価格の逆転現象が発生します (^┰^)

お腹に隙間が無い場合は、50円を倹約するためにライスを残す事も “可能”(爆)ですが
ネコにはソンナ注文は“不可能”なので、ネコはラーメン単品で、ばくはセットをチョイス♪

トッピングはチャーシューが1枚、ネギに、キクラゲに、メンマ というシンプルな構成です
スープにはナニヤラ独特の匂いがあり、慣れるまでチョットばかり時間を要すかもですが
スグに慣れる程度で、“嫌味な臭気”と感じる強い匂いでは ありません (=⌒ー⌒=)b

    15993  15994
ゑびす屋ラーメン 550円、スープの表面には ウッスラとカゼイン膜が確認できます (^^)
粘度的にはサラッとした感じ寄りだと思いますが、豚骨感はシッカリ出ていて好みです♪

麺の硬さは指定しませんでしたが、デフォルトでも い~感じの硬麺でした d(*⌒ー⌒*)
ツルッとしてノド越しの良く、スープともよく絡んで 相性がメッチャ良いと思います (^^)

食べている途中で分かった事ですが、コレはチャーシューが2枚入っていました (@_@;)
セットのほうは安価な分、チャーシューが少ない(笑)のか? コレがラッキーだったのか?
は、分かりませんが、サクサクした食感で脂身の美味しい、ばく好みのチャーシューです♪

    15997  15998
紅ショウガに見える赤いヤツは、『東洋軒』で 見るコトができるアレ(メンマ)です (^^)
ナンでもソノ昔は、メンマというと基本的には コノ “赤いヤ~ツ”だった らしいんですが

ある時期、竹の子の入手が難しくなり、試行錯誤された末、ルックス的に色と形が似た
紅ショウガが使われる事になった・・・とは、ネコが観たTV(「豆ごはん」)知識です (^^)


キッチン 『ゑびす屋』 -ポン太ラーメン-
住所:福岡県北九州市門司区柳町1-2-17
℡:093-381-9179
営業時間:11:00~19:00(祝日は15:00まで)
定休日:日曜日
駐車場:無


                              ばく土偶浮き

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。